南海電鉄1251系は完成後、システムを改良。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、2本目は、「名列車列伝特集」の「特急白鳥」編をお届けします。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からです。その前に、昨日ですが、本心から8か月を迎えたのですが、実際に復興はままならない状況ですが、着実に1歩ずつ歩いて行っているそうなのです。
まだ、8カ月という状況で、復興のスピードを重視して、質を悪くしてはいけないということかもしれませんね。
一方、復興では、こちらが長丁場となりますが、「東日本大震災」関連のほうです。実は、福島第1原子力発電所の処理問題で、いろいろと動きがありました。実は、電力料金にかかる負担金額を、40年間負担を求める案が出ているようなのです。
これは、長い廃炉作業から考えると、私たちが背負わなければならない十字架のような気がします。

さて、本題に入ります。
イメージ 1
さて、1201系の1251系ですが、システムを改良する工事を行っております。現在は、完成に向けて編成を整える作業を行っております。

そして、近鉄モワ24系電車ですが、こちらも計画の始動の時期も決めております。ということで、報告は以上となります。それでは。