昨週の日曜日に起きた出来事

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」から、今回は、箸休め的なものですが、昨週の日曜日に起きたあの事件をお話します。

本年10月に、近鉄大阪線河内国分駅で起きた人身事故から、約1月を経てなのですが、今回とんでもない事件が起きたのです。

今回の事件は、大阪市西成区にある新今宮駅で起きたものです。
イメージ 1
実は、2年前に私は、父親とともに、鉄道の旅の終点として新今宮駅で降りたことを覚えておりますが、いたって平坦な2面4線の駅です。現場は、この画像の右側で起きたことです。

被疑者は、3人の女性を次々とホームから落とす、または落とそうと押したとされております。実際に、一人は、ホームから落ちてしまい、ちょうどやってきた京橋駅方面先発の快速列車が手前で停止したというのです。そこで、該当する快速をヤフーで検索すると、合計で8本、そのうち、岸和田市に在住の63歳女性と、和泉市在住の高校生が乗ろうとした列車は、午後5時9分新今宮駅先発の「✈関空紀州路快速」関西空港及び、和歌山駅行きと考えられます。

しかし、どうして、このようなことをしたのか被疑者の男性は、何を考えていたのかわからないという声が多く聞かれると、考えてしまいますね。実際に産経新聞社の報道でも、「力を込めて体を押したら線路に転落したが、殺そうという気持ちはなかった。」と話がかみ合わないという事実もあり、本当のところがどうなのかわかりません。

今後、どういうことが明らかになって来るのか、気になりますが、時間ですので、本日はここまでです。ということで、次回をお楽しみに。