名列車列伝特集 08-03「北海道の特急網の形成と、成長に貢献し、発展させた名列車! 03」

(N)明日のお知らせと参りますが、面接が決まりまして…、明日の「∟車両部(新近畿車両)」のお知らせは、午後にずれる可能性があります。
イメージ 1
(Kt1641F)面接とは、急ですね。
イメージ 2
(Hs1208F)がんばってくださいね。
(N)ありがとうございます。ということで早速、本日の話題の2本目に取り掛かります。戦前の一時期と、戦後初期に北海道を走る急行列車は、特に、道東と道北がキーワードとなっておりました。そして、その道東を意識した新しい列車が、投入していくということになります。本日は、そのお話をしていきます。では、ここからはキハ82系気動車のキハ82型さんに登場していただきます。
イメージ 1
(Kt1641F)ということで、「北海道の特急網の形成と、成長に貢献し、発展させた名列車!」の第3回です。よろしくお願いします。
イメージ 3
(C11型)さて、北海道の特急車両の話に行く前に、昭和35年の話に入りましょう。当時、全国的に急行及び、準急の増発ラッシュで、同僚としては、のちの特急となる「あかぎ」、山岳登山者の貴重な足となった「アルプス」も、誕生しております。
イメージ 4
(C62型)そして、気動車急行用として56系気動車が開発され、当時の「すずらん」に投入されます。この直後、準急として、札幌駅始発の網走駅行きに「オホーツク」と、稚内駅行きの「宗谷」が、旭川駅行きの「かむい」が誕生します。
イメージ 5
(Hk1000F)この3人って、今では、特急の仲間になっていますよね。
イメージ 3
(C11型)そう、この3列車は、それぞれ出た時期は違うけど、特急列車として、札幌駅始発列車として活躍していますよ。そういえば今回の改正で、「オホーツク」が2往復、「宗谷」が1往復に減らされると聞いております。
イメージ 6
(キハ82型)皆様、またまた登場となりましたが、「白鳥」編以後続編での登場ですので、よろしくお願いします。さて、昭和36年1月のダイヤ改正から登場したのは、札幌駅起点とした夕張駅行きの「夕張」、築別駅行きの「るもい」が誕生しました。
そして、特急列車として登場したのが、函館駅先発の道央方面、旭川駅行きの「おおぞら」でした。どうして、「おおぞら」だったのかといいますと、実は「おおぞら」の経由路線は、北海道の太平洋岸を中心とした主要都市、東室蘭、登別、苫小牧の各都市を結ぶ列車という役目を果たしていきます。
イメージ 4
(C62型)そして、急行でも大きな変化が、札幌駅始発の準急「宗谷」が、函館駅先発急行に変更、そして、函館駅先発となるもう一つの急行が、「おおぞら」の飛躍のカギになります。それが、「摩周」です。
イメージ 1
(Kt1641F)「摩周」、摩周湖の?
イメージ 6
(キハ82型)ええ、この昭和36年改正で、函館駅発着の列車は、気動車特急が旭川駅行き「おおぞら」、客車急行が札幌駅行き「大雪」と釧路駅行き「まりも」、気動車急行が札幌駅行き「すずらん」、網走駅行き「オホーツク」、釧路駅行き「摩周」、稚内駅行き「宗谷」の3階建て急行となっておりました。また、急行として札幌駅先発列車もあり、これが、またもや3階建て列車で、釧路駅行き「狩勝」、網走駅行き「はまなす」、音威子府駅行き「天北」だったわけです。
イメージ 2
(Hs1208F)あれ? 「はまなす」って、どこかで聞いた名前ですよね。確か、青森駅先発の札幌駅行き夜行急行で。
イメージ 6
(キハ82型)それは、後々の話であって、この当時は、札幌駅始発の網走駅行きという設定でした。しかし、この構図が、翌昭和37年のダイヤ改正で変更となり、急行の増発が相次ぐことになりました。設定されたのは帯広駅行き「十勝」、名寄本線軽油遠軽駅行き「紋別」、留萌本線と羽幌本線経由幌延駅行き「羽幌」が登場して、一気に、増やします。また、函館駅始発列車でも「アカシヤ」がいったん消えていたのですが、復活することになるわけです。
イメージ 1
(Kt1641F)すごいことになっていますね。ということは、「とかち」の土台もできていたわけですか…。
イメージ 4
(C62型)その後、「大雪」が「ライラック」に置き換わり、気動車急行化した後、「紋別」の紋別駅から遠軽駅までの各駅停車化、「はまなす」の小樽駅延長等が重なり、昭和39年以降に備えることになりました。一方特急「おおぞら」は、そのあいだどうなったのか、それについては、次回にお話します。
イメージ 6
(キハ82型)それについては、もう時間がありませんから、土曜日に回しますね。
イメージ 2
(Hs1208F)早く、続きが知りたいです。
(N)ということで、次回をお楽しみに。それでは。

<<<PREVIEW 08-02 NEXT 08-04>>>