国鉄&JR183系気動車の製作の今後

本日の話題の2本目は、「∟車両部(新近畿車両)」から国鉄&JR183系気動車についてです。

さて、い今までだいぶ待たせましたが、JR北海道183系気動車「旭山動物園」についてですが、明日移行作業の再開を予定しております。

実は、近鉄系統で、懸案となっていた10000系についての計画にも光が差し込んでまいりました。側面詳細設計図が見つかったのですが、最新版のPDFを入手していないことから、早速取得の手続きに入ります。話が、少し横道にそれましたので、本線戻りましょう。

ほかに言うと、「旭山動物園」号の完成の後は、「クリスタルトマムサホロエクスプレス」の車両の製作が待っているのですが、この車両は、20年前に開発されたトレインスクリーンセーバーの車両であるので、トレインキットからの導入と同様に、フリー画像ではなく、色を抽出しそれをあてはめる工法はそのままとして引き継ぐことを検討しております。

「旭山動物園」号のほうは、座席の背もたれ部分の問題を、早くも解決しないことには始まりません。こちらは、あす以降にでも取り掛かります。

ということで、報告は以上となります。それでは。