近鉄8000系の車両中期の製作へ。

皆様おはようございます。本日の話題ですが、なんと本日から、2本か単発かどちらかになりますのでご了承ください。それと、Facebookの掲載は、帰ってきてから行いますが、常にとは参りませんが、更新する予定していく予定です。

ということで、本日の定期記事となります「∟車両部(新近畿車両)」からは、近鉄通勤車両8000系について、お話します。
イメージ 1
実は、近鉄通勤車両8000系の初期車両のロールアウトが終了した後、そういえば、これも製作していた方がいいのでは。との意見が出てきました。それが昭和50年以降の初期車両の形態です。実は、
イメージ 2
近鉄8000系の中間車両が2パンタあったという話も聞いたことがあります。それを基に、製作することも考えております。

一方で、車内作り込み型の京阪8000系については、現在先頭車両製作を進めているところです。まあ、室内に至るまで1か月を要すると考えております。続いては、JR北海道の183系気動車「クリスタルエクスプレス・トマムサホロ」の製作ですが、こちらは、制作方法の検討に入った段階です。ただ、まだ工法を検討している段階です。

ということで、報告は以上となります。それでは。