お魚さんを撮影って? 07

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「お魚さんを撮って?」の第7回ですが、その前にお知らせがあります。実は、5月1日から正社員として、仕事に精を出してきます。ということで、本題に入りましょう。

さて、私と、Sさんとともに、
イメージ 1
和歌山市内にもどることになりました。その時の車両も、なんと「めでたい電車」で、約30分で和歌山市内へ、
イメージ 2
そのあいだに、車内の撮影を続行しました。
イメージ 3
加太線上り列車の車内は、いたって静かでした。長閑というべきです。
イメージ 4
そして、和歌山市駅に到着。そこから歩いて、おすすめのラーメン店に向かったのです。
イメージ 5
ラーメンを食べていきますが、ネギが多くなっていて、食べてもおいしかったですが、ふと気づいたのが、隣にあったのは、お寿司とゆで卵ですが、実は、申告制で、食べた後に「お寿司何個食べたよ」と、店員さんに申告した場合、その料金も請求されるシステムとなっているようなのです。
イメージ 6
そして、食後は和歌山駅へ、何を撮影したのかと言いますと、JR線と、和歌山電鐵の画像を撮影していく事になっていたのです。
イメージ 7
まず、どこに行ったのかと言いますと、
イメージ 8
和歌山駅の4番乗り場からの撮影です。3番乗り場には、225系5000番の天王寺駅行き(大阪環状線回り)紀州路快速が入線されております。
イメージ 9
隣には、5000番台がいますが、つい立てみたいなものがあります。それが、面白いですね。
イメージ 10
隣の6番と、7番線が…。こんな感じに変わっています。
イメージ 11
続いては、「単」と書かれた票です。何かと言いますと、「単機」の機関車が、入ってくる時に、表示するものということかもしれません。
イメージ 12
これを、続いては特急列車の撮影を開始しようと、出てみたのですが。
イメージ 13
「うめ」号電車を撮影してきました。ということで、次回は、和歌山電鉄とJRを撮影したお話に向かいます。