お魚さんを撮影って? 09

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「お魚さんを撮って?」の第9回ですが、まだ和歌山駅にいます。

イメージ 1
さて、「くろしお」号に充当されている283系を見送った後、急いで、1番線に移動しました。どうしてなのかと言いますと、同じ「くろしお」号の上り便が到着するので、その車両が何かを見るため、移動しました。
イメージ 2
まるで、海をイメージするように、颯爽と過ぎ去ったのを、後にしてから1番乗り場へ。
イメージ 3
途中、こんなものを、撮影。何を撮っているのかと言いますと、このポスターの面々です。実は、287系を撮影したいと考えておりました。
イメージ 4
実は、1番線には、和歌山県の地図があり、観光地白浜等の名所が並んでおります。
イメージ 5
隣の番線にいたのが、和歌山駅折り返しの225系5000番台が入っています。この列車は、大阪方面に向かう列車となっております。
イメージ 6
そして、これがぼけましたが、構内地図ですが、そこから見ると、私たちがいるのが、一番下側です。
イメージ 7
この形で、こんな感じです。
さて、いったいどんな列車が来るのか、待ってみると。
イメージ 8
この顔どこかで見たことが…。
イメージ 9
(一昨年6月2日撮影)
これで見てもわかる通り、なんと683系800番台の改良型。
イメージ 10
つまり、交流電化の装備を排除した289系ということになっているのです(じゃ、本家はどうした?)。
その編成を、出発させた後、構内を出て、和歌山市駅にもどりました。
イメージ 11
そして、和歌山市駅です。
イメージ 12
そこから、大阪府内に戻っていくわけです。しかし、ここから再び、「サザン」で大阪府内に戻ります。
イメージ 13
8000系というわけですが、これは南海難波駅行き普通で、後ろに1000系が連結されております。そして、奥に7100系の「めでたい電車」がいます。
ということで、画像で〆とします。それでは、次回の記事でお会いしましょう。それでは。