お魚さんを撮影って? 10

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「お魚さんを撮って?」の第10回です。

さて、私とSさんの二人で、和歌山市を出て、大阪府にもどることになりました。
イメージ 1
その担当列車は、8000系先頭の南海難波駅行き特急「サザン」に乗っていきます。おそらく後ろは12000系ですね。
イメージ 2
こちらが、2200系の2202編成ですが、
イメージ 3
あの時に、出てきた2230系と異なるのは、2230系は、幌を外しており、2両単独で運転できる車両であり、今登場してきた2200系は、22000系を高野線運転維持で登場した車両でした。
ところが、最新鋭の2000系とは異なり、相性が悪く、結果的に2000系に統一されるという形になっておりました。
イメージ 4
そして、本列車に乗っていきます。しかし、特急「サザン」は岸和田駅に向かって進むことになります。
イメージ 5
で、岸和田駅まで一気に省略。Sさんとは別れて、泉大津駅に向かいます。そして、幕を撮影後、
イメージ 6
そして、泉大津駅に向かう列車に乗り込みます。
イメージ 7
Sさんを乗せた特急「サザン」は、南海難波駅を目指して進み、
イメージ 8
8000系を先頭とした南海難波駅行き普通に乗り込みました。8000系の8008編成が担当しています。
イメージ 9
忠岡駅の近くで、12000系の和歌山市駅行き特急「サザン」をキャッチし、
イメージ 10
8300系6両編成の関西国際空港駅行き空港急行をキャッチしました。

ということで、本日まで、昨年の撮影は、ここまでとなりました。実は、その後、4月に、再び忠岡駅の踏切で、再度撮影に臨んだ画像を
イメージ 11
イメージ 12
8300系ですが、これもこれで、面白い画像となりました。
はっきり言って、南海電鉄もかなりの意味で攻めてきておりますよね。それだから、南海電鉄もこれから新しい魅力を再発見できるように見えますね。

ということで、次回をお楽しみに。それでは。