近鉄通勤車両の改良の報告62.

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄通勤車両の改良工事について、2本目は「名列車列伝特集」の「まつかぜ」のお話ですが、本日は、大波乱の昭和61年ダイヤ改正のお話が待っております。

では、最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、改良工事は進んでいます。
イメージ 1
今、トリスTrainの改良工事に移っております。

この後は、2610系編成のシステム改良に入り、5200系エリアトレインの順番で進んでいきます。ただ、行先表示板は、白幕の変更で済みますが、それ以外は、メタセコイアで、実際に、素材の割り当てを行う作業が残っているため、そう簡単にテキパキと進むことは考えにくいのが実情です。

それと、
イメージ 2
京阪電鉄車内改良工事プロジェクトは7000系に移行し、中間車両については、6000系のボディネタにシステムを合わせることで解決させることを考えております。

ちなみに、公開は当然のことながら、二次創作であるため、できませんが、製作方法のパンフレットは、需要があるなら創作して、公開するということも検討しているところです。

ということで、報告は以上となります。それでは。