奈良宇陀へ、奈良県乗り合いバス営業100周年の旅 09

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「奈良宇陀へ、奈良県乗り合いバス営業100周年の旅」の第9回をお届けします。

イメージ 1
イメージ 2
それで、近鉄大阪線と橿原線の接続駅となっている大和八木駅で、撮影を続けているのですが、人がなかなか、いないという状況が続いておりました。
イメージ 3
考えてみれば、今回の旅の目的は、「奈良県乗り合いバス営業100周年の旅」ですから、鉄道の車両は、脇役のはずです。ただ、奈良県内の交通を担っているのは、多くが鉄道ですし、どうしても近鉄は、外すことができません。
イメージ 4
イメージ 5
そんな中で、撮影しているのですが、やっぱり好きが高じていることから、というのもあるのかも。ということで、そんな中で、撮影を続けておりました。1,2枚目が2610系2622編成の大阪上本町駅行き区間準急、3枚目が1430系1442編成の大阪上本町駅行き急行。4,5枚目が9200系のトップナンバー9202編成の榛原駅行き区間準急という順番に来ております。
イメージ 6
その次は、大阪難波駅行き特急(乙特急)の運用に就いているアーバンライナーで、京都駅行きと接続のため、停車中。そこに。
イメージ 7
イメージ 8
22000系の鳥羽駅行き特急(乙特急)が到着。この色になれるのも、時間の問題ですね。
イメージ 9
その列車が出発した後、
イメージ 10
大阪上本町駅行き急行が出発。どうやら1620系の1622編成が連結されていたようです。
遠くに過ぎ去るのを待ってから、次の撮影に備えるということで、本日はここまでとなります。次回も大和八木駅からお届けします。それでは。