近鉄通勤車両の改良の報告87.

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から近鉄通勤車両の改良について、2本目は「雑記」から日記みたいなものです。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から始めますが、近鉄通勤車両の改良についてですが、あまり、進んでいません。現在は9020系の改良工事を展開しているところです。あとは、9820系の工事に取り掛かる予定です。おそらくイメージとしては、
イメージ 1
こんな感じになると思います。

それと、新規改変の動きが今度は、海外組でも起きる予感が出てきました。
イメージ 2
対象となっているのが、中華人民共和国国鉄の25T型客車の中で、高速化を狙った25T(BSP)型客車ですが、今回平成13年10月に創刊された『とれいん2001年10月発行号』の中に、中国国鉄25T型の元となった25K型の設計図が残されていることが明らかとなりました。そのため、大陸の転轍機様のデーターを基に、新規規格での開発を進めようと考えているところです。

再び国内モードに戻りますが、近鉄「海遊館」ラッピング車両についてですが、確定した編成は、1026系1028編成ですが、1620系については、1641編成として最終調整をし、6620系については、6623編成をラッピング車両にすることで、意見の一致を見ました。今回は編成自体が少ないので、レア度が増すものとなりますが、どうなることやら…。

ということで、報告は以上となります。それでは。