奈良宇陀へ、奈良県乗り合いバス営業100周年の旅 17

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「奈良宇陀へ、奈良県乗り合いバス営業100周年の旅」です。時間がないので手短に、

イメージ 1
私と、S氏との二人は、大和西大寺駅のテラスで、撮影を続けておりますが、週末と重なる時間帯ですので、かなりの親子連れが集まっておりました。
イメージ 2
まあ、その地域も奈良県内が中心ということから、この場所が奈良県内の鉄道ファンにとっては聖地と言える場所だと、そう思えてきそうな感じがあります。実は、私も、初めて近鉄電車に乗ったのは、小学校4年の時ですが、その当時の近鉄ビスタカーに乗った時には、「このような車両があるとは…」と夢を見ていたような感触がありました。
イメージ 3
一般車両を目にしたのは、それから何と6年後、とある書籍を購入してからです。やはり、近鉄の車両の多さには目を奪われました。それと同時に、近鉄の車両を製作してみたいということで、RailSimでの車両の製作をしていたというわけです。
イメージ 4
まあ、それが魅力であることは言わずもがなですが、そうこうしているうちに、
イメージ 5
滞在時間のリミットが迫ってきました。
イメージ 6
そんな中で、撮影を続行しておりますが、どうしてなのかと言いますと、一度も改札を出ていないというのが、最大の理由で、
イメージ 7
すぐに、ホームに降りることができるので、その点を考えると安心と言えば安心です。
イメージ 8
ということで、30000系のビスタカーEXの回送列車が到着。
イメージ 9
一時間半を過ごした大和西大寺駅とは、この辺で、お別れとなりそうです。ということで、次回は、大和西大寺駅を出て、大阪難波駅への帰路に就きます。次回が最終回となります。

お別れの前に、現在のシステムの状況ですが、
イメージ 10
なんと、こんな状態になっております。普通でしたらパソコンのデスクトップが表示されるのですが、それができない状態になっているのです。「FN」キーも使用不可能という、そんな状態です。

どうなっているのやらと、悔やみきれないほどですが、解決策がございましたら、コメントを頂けないかと…そう考えております。

ということで、本日はここまでとなります。それでは、次回をお楽しみに。それでは。