パソコンが復旧、作業を再開できるようになりました。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄7000系(現実版)と京阪プレミアムカーの改造工事のお話、2本目は、現在ネタがないため、度の記事が来るのかわからないミステリー記事になる予感があります(ひょっとしたら)ので、ご了承ください。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、数日前からパソコンの不具合があったという記事を書いてきましたが、昨日に復旧したことが判明しました。実は起動速度も速くなったようです。皆様にはご迷惑をおかけして申し訳ありませんでした。
ということで、早速ですが、近鉄7000系系列と、京阪プレミアムカーの改造工事について、お話します。

まず、近鉄7000系ですが、現在中間車両の車体製作に関しての会議を重ねているところでしたが、先行して、車体を開発し、そのあとで、システムへと移行させるという形をとっております。そのため、
イメージ 1
現在、中間車両の車体製作を行っているところです(現在窓と車端部座席を新たに埋め込む予定)。

続いては、京阪プレミアムカーの改造工事ですが、こちらが難関です。
イメージ 2
窓枠部のずれなどの修正をおこなっており、さらに、LEDの方向幕設置工事などの工事があることもわかってきました。シートも今までとは大きく異なることも判明しており、超がつくほどの難工事となるようです。
それについては、何とかなりますが、座席は、今までのリクライニングシートを使用してきた近鉄特急車両の中で、アーバンライナーのデラックスシートを移植することができないか、検討を重ねております。それなら何とかなりそうです。方向幕は新たに、オブジェクトの追加で何とかなります。
あとは、デッキ部分の追加もできるかもしれません。ということで、報告は以上となります。それでは。