京阪プレミアムカーは、完成間近だけど…

皆様こんにちは。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、京阪プレミアムカーのお話と、近鉄7000系系列のお話を、2本目は、現在のところ未定です。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、京阪プレミアムカーの製作中ですが、実車に近づけようと新たなシステムを導入中です。
イメージ 1
イメージ 2
つまり、この画像を基にしたシステムですので、4種類スイッチを用いることになります。

一つ目のスイッチは、行先スイッチです。ただ、行先は固定されます。「出町柳駅」か「淀屋橋駅」のどちらかを選ぶ場合に出現します。
二つ目は、時間帯スイッチです。これは、早朝から深夜に設定しております。
三つ目は、その列車が第何便に当たるのかというものです。
そして、これに後付けに当てはめるスイッチとして、種別スイッチも加わります。当然のことながら、対象となるのは「特急」です。

そのため、今、上に挙げた画像に先ほどのスイッチを当てはめるとすると、種別スイッチがCase14「特急」、行先スイッチがCase1の「出町柳」、時間帯スイッチが、Case9の「15時」、第何便スイッチは、Case4「第2便(土休)」ということになります(※)。

ここまで、作り上げるには、時間が足らない状態ですが、何とか完成させます。発表は、次の週ですので、10月に入る可能性は高いです。

続いては、近鉄7000系系列ですが、プレミアムカーの改造工事が、新システムの導入で、思わぬ苦戦を強いられている格好となっているため、車両の完成は、10月をまたぎ、11月となる可能性が出てきました。

ということで、報告は以上となります。それでは。

(※注意:パソコンでは、スイッチの1つ目を0とカウントするため、先ほど挙げたCaseの番号に、1を足したのが、実際スイッチを当てはめた数となります。お間違えの無いように…)