天正遣欧使節の時代を見に行く 02

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「天正遣欧使節の時代を見に行く」の第2回です。

金曜日からの続きですが、本日は駆け足で、展開していきます。
イメージ 1
私たちを乗せた阪神9300系9506編成の須磨浦公園駅行き特急に乗車していきます。それで、阪神特急で西を目指しているのですが、
イメージ 2
ドームの状の駅舎が見えてきました。実は甲子園駅です。そこに、9000系が停車中。ということは…、
イメージ 3
隣駅では、5700系の最新編成を撮影後、梅田普通での運用をしておりました。
イメージ 4
西宮市の中心都市、西宮駅に到着。西宮市の後で、芦屋市の芦屋駅を過ぎた後から、
イメージ 5
盛り土の上を走行中の列車の中ですが、5500系などの車両を撮影しておりましたが、
イメージ 6
魚崎駅から神戸市に入り、御影駅を過ぎて、地下区間に入ります。
イメージ 7
再びレジェンド5000系を撮影。
イメージ 8
続いては、8000系の梅田駅行き特急を、撮影をしました。
イメージ 9
そして、神戸三宮駅に到着。その後、地上に出ることになりました。
イメージ 10
隣には、9820系9730編成の奈良駅行き快速急行が、出発を待っておりました。
イメージ 11
そして、「天正遣欧使節の時代を見に行く」のメインとなる会場に向かうことになります。神戸市の中央博物館に向かうことになります。ということで、次回をお楽しみに。