天正遣欧使節の時代を見に行く 04

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「天正遣欧使節の時代を見に行く」の第5回ですが、どうなっていくのでしょうか…。

さて、私とS氏は、
イメージ 1
さて、展覧会を終えてからというもの、昼食を食べに行くことになりました。
イメージ 2
神戸市を歩き始めました。実は、どこで何を食べようかと、考えていてその間に歩き出していたのでしたが、インドカレーを食べてみようかと考えておりましたが、どこのお店がいいのか、調べていなかったこともあり、神戸三宮駅周辺を歩き回りました。
イメージ 3
実は、阪神大震災時に、跡形もなくなった場所がありました。長田町界隈です。しかし、この三宮商店街も被害をもろともに食った場所でもありました。
イメージ 4
それで、こんな場所にやってきましたが、どうしてなのかといいますと、阪神大震災からさかのぼること8年前、この場所がハリウッド映画のロケ地となっておりました。日米合作映画「ブラックレイン」です。日本からは余命宣告を受けていた松田優作さんと、任侠映画から、不器用な男を演じたら右でるものがいないといわれた高倉健さんが参加していた作品です。この映画のロケ地に、神戸三宮駅周辺と、阪急十三駅周辺などが選ばれたそうです。私は実際に見たことはなかったのですが、かなりにぎやかな場所でした。
イメージ 5
イメージ 6
実際に、今回の展覧会のキャンペーンの幕が掲げられておりました。タイトルは「遥かなるルネサンス」でした。そうこうするうちに、人だかりを発見…。
イメージ 7
何かとみていると、看板猫と思わしき、風体をした大人の猫が、
イメージ 8
またまた、人馴れしているのか、「うるさい」といった顔をしておりません。
イメージ 9
本当に、猫としては、非常に人馴れしすぎて、堂々としております。
イメージ 10
その猫を目当てにした人だかりを後にして、阪急神戸三宮駅に向かいます。
イメージ 11しかし、お目当てのお店が見つかりませんでした。そこで、諦めて別のお店いに行こうと考えて、再び歩き出します。
イメージ 12
イメージ 13
いつしか、花隈駅に近い場所に向かっており、そこで、見つけたお店に行ってようやく、カレーのお店に行くことができました。時刻は午後1時半でした。
イメージ 14
これが、食べたものですが、基本的にはカレーです。からかったのですが、おいしかったというものです。それが、
イメージ 15
こんなお店でした。私も再び神戸に来た時に食べたいものですね。

ということで、次回は、阪神の尼崎駅で撮影を行います。ということで、次回をお楽しみに。