天正遣欧使節の時代を見に行く 09

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「天正遣欧使節の時代を見に行く」の第9回です。

ということで、阪神尼崎駅での撮影ですが、実際にどうなるのか、
イメージ 1
こちらから、山陽電鉄5000系の阪神梅田駅行き直通特急が到着。それから、撮影をしていきます。
イメージ 2
その後継車両となる6000系ですが、もしかして、神戸三宮駅で、近鉄系統が出会う機会が増えていく場面が多くなりそうですね。
イメージ 3
阪神5000系ですが、こちらも頑張っていますね。しかし、このデザインも、すでに30年以上経過していますので、いつ廃車になってもおかしくありません。
イメージ 4
続いては、阪神1000系1204編成の東花園駅行き普通にて、乗客を待っておりました。その相手は、
イメージ 5
西ノ宮駅始発阪神梅田駅行き急行で運用される8000系8248編成でした。
イメージ 6
そのあとで、近鉄5820系5721編成の大和西大寺駅行き区間準急と、阪神9000系9201編成の神戸三宮駅行き快速急行が、仲良く並んでおりました。
イメージ 7
続いては、8000系8245編成阪神梅田駅行き直通特急が到着。その直後に、
イメージ 8
そして、8000系8213編成の尼崎駅先発阪神梅田駅行き急行が待機しております。
イメージ 9
ラストは、5550系の5551編成の阪神梅田駅行き普通が到着。これが最後となります。

ということで、5500系のリニューアル車両は次回に回します。ということで、次回は最終回です。ということで、本日はここまでです。

<<<PREVIEW 08     NEXT 10>>>