これでどうでしょう。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、架空鉄道車両について、2本目は「雑記」から日記みたいなものです。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、架空車両について、現在テストを行っているところです。
イメージ 1
これが、架空鉄道車両駿遠電鉄1000系ですが、初代とつけさせて、頂いております。実は、2代目が存在することを暗示させているわけですが、実はヘッドマークからわかるように、今回、方向が変わっても、幕が変わらないというシステムで対応しております。

ちなみに、種別スイッチは5種類、普通、準急、急行(一部区間急行も存在)、回送、試運転という順番です。行先は、静岡県内限定で、藤枝、島田、牧之原、御前崎、掛川といった市町村と、起点となる県都、静岡を結ぶ列車が中心となります。

まず、長距離列車となるのは、63キロほど西北に走る浜松市の秋葉神社(本宮)までを本線とすることを検討したため、「急行|秋葉神社口」と、西部にある掛川市の新横須賀まで向かう「急行|新横須賀」があります。

これを中心にします。ということで、報告は以上となります。それでは。