本格的な4枚扉製作へ

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から、近鉄ビスタカー1世の製作状況の報告と、近鉄「プルマンエクスプレス」専用車両31000系、さらには、近鉄21シリーズに関しての追加ネタについて。2本目は「雑記」から日記みたいなものです。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、近鉄ビスタカー1世の製作状況は、1両目と7両目、2両目と6両目のドア部分を製作しておりました。
イメージ 1
こちらは、1ないし7両目の連結面側と、2ないし6両目のドアです。それを製作して、あとは乗務ドアも製作する予定です。
イメージ 2
ただ、今度は、こちらになると、さらに複雑化します。どうしてなのかといいますと。モ10001(実は工機を再現する際には注意が必要となります。理由は、10000系モ10007型は河内国分駅付近での追突事故で、大破しているため)では、こんなに違いがあるとされているそうです。これを参考にして、製作していきます。
イメージ 3
まあ、こちらは、どうなるのかは難しいところです。
イメージ 4
続いては、「プルマンエクスプレス」ですが、「オリエント急行」のマークをモチーフにして、製作することにします。

それと、シリーズ21で、5820系の4両編成化が決定しました。形式番号も2820系となり、名古屋線を中心に登場するという設定で、シリーズ21の更新も行います。

ということで、報告は以上となります。それでは。