近鉄イレギュラー車両第2弾について、車両の選考…。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から近鉄通勤車両イレギュラー車両製作第2弾をお届けします。2本目は「名列車列伝特集」から「とき」の第24回をお届けします。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、近鉄通勤車両イレギュラー車両の選定会議が大詰めを迎えております。
まず、確定しているのは3種類で、2610系初期車と2600系、5800系5802編成の元ヒストリー現行仕様版のみですが、これに新たに加わるのが。
クリックすると新しいウィンドウで開きます
実は、この2680系の現役時代、それと、Wパンタ型の1810系1826と1827編成の名古屋線イレギュラー組を含めて検討を進めております。

一方10000系は、ク10003と10005型の車両製作を進めます。ここからは内装を検討しているところです。

ということで、報告は以上となります。それでは。