近鉄初詣タビは、伊勢へ「伊勢賑わい道中旅」 22

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「近鉄初詣タビ」の第22回ですが、今回の話は、昨週日曜日にお話する予定でしたが、本日に移りました。それでは。始めます。

イメージ 1
さて、松阪市の中心部である。松阪駅に戻ることにした私と、父ですが、その前に昼食を購入することにしました。
私は、『駅弁ひとり旅』で紹介されていた「モー牛太郎弁当」を注文、父は、「元祖牛肉弁当」を注文しましたが、ただ、実際に「モー牛太郎弁当」ですが、牛肉がちりばめられている…しいて言えば、牛丼のようなものです。牛焼肉丼みたいなものですね。
イメージ 2
そして、松阪駅に到着後、土産物を購入するため、松阪駅に入場。そこに、2410系2426編成を先頭にした、松阪駅先発の名古屋駅行き急行が停車中。
イメージ 3
松阪駅は近鉄線と、JR東海の共通駅として機能しているのですが、それは、伊勢市駅と同じで、名阪間と名伊間では、ライバル関係にある企業が、伊勢平野では、同じ釜の飯を食うという話は、少し面白いですね。
イメージ 4
伊勢市に向かうのですが、宇治山田駅行き急行か、五十鈴川駅駅行き急行に乗っていくのですが、その前に、鳥羽駅行き特急(乙特急※名古屋発)に使用されていた車両が、
イメージ 5
こちらが、12600系12602編成です。もともと京都からの路線の車両リフレッシュのため投入された12000系シリーズのトリを飾る系統が、彼に当たります。ちなみにですが、
イメージ 6
12400系と、
イメージ 712410系と同様に、サニーカーという名称が与えられております。そして、
イメージ 8
こちらも、伊勢関連というくくりでいうと、その通りとなるのでしょうか…。23000系ですが、
イメージ 9
イメージ 10
こちらは、大阪難波駅行き特急(乙特急)に充当される12200系と22000系です。実は、後ろに写っているのが、25系気動車のワンマン普通亀山駅行きです。
イメージ 11
その遠ざかる姿を、撮影していたのですが、やはり大阪とは異なり、時間がゆっくり流れているかのようで、
イメージ 12
続いて、1435系1436編成と、5200系5156編成の大阪上本町駅行き急行が到着したのですが、ということで、今回は、ここまで。ということで、次回23回は、伊勢市に戻って、お土産探しということになります。解説については、一昨年に行われたサミットについて、どうして、伊勢だったのかの舞台裏を、新聞記事から追っていきます。次回をお楽しみに。それでは。