近鉄田原本線運行100周年記念の相方も検討開始。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」から近鉄田原本線運行100周年記念の相方について、2本目は「鉄タビ」本編から「近鉄初詣タビ」の第24回をお届けします。

最初の記事は「∟車両部(新近畿車両)」からですが、実は…架空塗装の作品も手をかけようと考えております。そのネタが…。
イメージ 1
5年前に、近鉄編入50周年を迎えた京都線の撮影をしていた時、「奈良電時代から推定すると何年に当たるのだったかな?」と想像したことを覚えております。実は、奈良電の京都線開通が昭和3年、本年でちょうど90周年に当たることが分かってきました。となると、
イメージ 2
カラーリングはこの色ということになりますが…。大丈夫なのかどうか、はっきりしません。

また、
イメージ 3イメージ 4
かつて製作していた能勢電鉄時代の阪急320型と阪急500型を製作しようと考えております。
イメージ 5
初期車両として、製作していた過去がありますが、今回は320型事態がリニューアル工事を受け、システムだけが残ることになるかもしれず。それ以外にも、ヘッドマークマウントシステムも変更される可能性が出てきました。
イメージ 6
その可能性を広めるきっかけを作ったのが、この車両PIですので…。これを基にリニュを行う予定です。

ということで、報告は以上となります。それでは。