近鉄ビスタカー1世のシステム製作は、ビスタドーム車両が完了

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から近鉄ビスタカー1世のシステム製作についての後編と、架空車両の製作について、2本目は「雑記」から日記みたいなものです。

最初の記事は「∟車両部」からですが、実は近鉄ビスタカー1世のシステム製作ですが、
イメージ 1
ビスタドーム車両も、システム構築が完了し、あとは連結時の幌、そして、連結位置のずれがないかどうかの確認を行い、新塗装時代から晩年にかけての車両製作に切り替える予定で、進めている段階です。

そして、検討しているのが、
イメージ 2
GWR仕様のクラス800型気動車ですが、これを21m級に縮めて、JR北海道を走る車両として登場させようと、現在模索しているところです。

ということで、報告は以上となります。それでは。