架空新型特急気動車265系製作、色変えなどを…

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、架空特急気動車265系の製作状況について、2本目は「雑記」から日記みたいなものです。

最初の記事は「∟車両部」からですが、本題に入る前に、本日公開となるPIがございます。
イメージ 1
イメージ 2
こちらの2種類の公開を行うことになりました。基本的には、1970年代デザイン車両とシステムは同じであるため、問題は無く導入できるといった意見が多いため、このような形をとりました。
まあ、実績もある安定した車両だからこそかもしれませんので、安心してお使いいただけると確信しております。
イメージ 3
続いては、本題ですが、架空特急気動車265系の色変えが完了しました。ただ、これより方向幕取り付け工事、そして車内設備の製作を急ぐ予定です。実は、今回の座席システムは、以前より考えていた構想を練り上げようと考えております。

パソコンの動作要領の関係で、方向転換時の表現が今一つといった印象がある弊社PIですが、今回は、改良の第1弾として、室内の蛍光灯の色分けの表現、回転型転換リクライニングクロスシートの実現(グリーン車両のみ)を検討しております。
これを普通車両にも導入することも検討しております。

ということで、報告は以上となります。それでは。