名列車列伝特集 11-5「新幹線を支え、山陽路を支えた名特急! 05」

(N)さて、本日の話題の3本目は、「名列車列伝特集」の「しおじ」編の第5回です。
イメージ 1
(Kt1641F)第5回といっても、昭和43年に全てお話したのですが…、まだあるのですか?
(N)その通りで、昭和43年以後も、往復数が増えていくのですよ。
イメージ 2
(Hs1208F)どっ、どういうことでしょうか?
イメージ 3
(クハ481型初期)それは、僕がお話を始めていきますね。昭和43年10月1日の「ヨン・サン・トオ」ダイヤ改正で、特急「しおじ」が3往復化されたのはよかったのですが、新大阪駅を出発して、広島駅に2往復、下関駅に1往復という態勢が整えられました。ただ、昭和44年ダイヤでは、お昼の時間帯のダイヤがないという、深刻な事態に見舞われておりました。ただ、急行列車がその代用で、運転されていたことを考えると、それで十分だったことから、その点に目をつぶっておりました。しかし、これを覆すイベントがすぐそこまで来ていたのです。これは、近鉄の1641編成さんが、ご存知のはずですよね。
イメージ 1
(Kt1641F)もしかして、「万国博覧会」!
イメージ 3
(クハ481型初期)その通りです。実は、九州方面の行先から大阪方面への需要が高くなってきたので、国鉄首脳陣は、頭を抱えてくるということになってきました。実は、特急列車の増発で対応しないといけない。と考えていたのです。そこで、国鉄は、昭和44年のダイヤ改正だけでは不十分で、臨時便の増発で対応することになったのです。
イメージ 4
(クハネ581型)その通りで、実はこれが583系電車の「しおじ」の増発につながっていくわけです。その改正と大きくかかわるのが、鹿児島本線の全線電化です。
イメージ 2
(Hs1208F)どういうことですか?
イメージ 5
(キハ82型)実は、この年の10月ダイヤ改正となるわけです。そして、新たに投入された列車は、「きりしま」という名前になりますが、それは「なは」編でのお話です。実は、その時から鹿児島中央駅を結ぶ列車が必要となりますが、それは、岡山駅に新幹線が伸びてきた後のお話になります。
(N)実は、この時点で、もう一つの路線が電化されることになります。それが、呉線で、この路線が電化されると同時に、10月ダイヤ改正で、特急列車の増発が行われることになるわけです。
イメージ 3
(クハ481型初期)まず、583系電車の使用頻度が昼行特急では1往復になります。これは、夜行寝台列車が運用がメインとなったことで、新大阪から下関駅方面に向かう「しおじ」の新生ダイヤに充てられることになったわけです。
イメージ 4
(クハネ581型)実は、私が下関駅行き特急「しおじ2・4号」の担当となったのが、
この時からです。ただ、私の運用はそれだけになってしまいました。実は特急車両運用の交流系統の大部分は、485系電車が、担当することになったわけです。そして、直流区間は181系電車が運用に就くことが多くなりましたが、その181系電車についても、昭和35年以来、10年もの間、長距離輸送を行っていました。485系電車ですが、こちらは、昭和40年代に、「つばめ」として運用に入って以来、5年もの間、運用についていて、5年となるわけです。その5年の差は、今後の「しおじ」の運命を変えることになっていきます。主に、万能選手となる485系電車と、寝台特急をメインに昼行特急に時たま顔を出す583系電車という構成に代わるのですが、それは、昭和47年以降のお話となります。
イメージ 1
(Kt1641F)ということで、少し話がややこしかったのですが、次回は、昭和47年以降のお話です。
(N)いやいや、少し話を続けてくださいませんか?
イメージ 3
(クハ481型初期)えっ?
(N)実は、昭和45年10月の改正では、485系電車による特急運用は、交直流の運用を発揮できる4列車、「つばめ」1往復と、「みどり」1往復、そして、「はと」2往復だけではなく、短距離の「うずしお」の1往復にも充当されることになります。それ以外に臨時列車としては、昭和46年のダイヤ改正で「しおじ」の臨時列車で「71・72号」として運転されておりました。昭和46年7月15日の「下り72・上り71号」が485系電車での運転で、同年7月23日からは「下り71・上り72号」が、583系電車で運転されておりました。これは、通常の臨時列車が「50番」区分だったのに対して毎日運転される臨時列車という形で実現したということになります。実は、この時に、「しおじ」は定期運転が5往復、臨時運転で2往復を確保し、合計7往復となっていたのです。
イメージ 3
(クハ481型初期)そうでしたが、それは、昭和47年のダイヤ改正で詳しくお話していきます。それでは、時間が押してますので、それでは。
イメージ 1
(Kt1641F)ありがとうございます。次回をお楽しみに。