鉄道博レポート 08

さて、本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「鉄道博」のお話ですが、少し時間が押しているため、早めに切り上げます。さっそく始めましょう。

イメージ 1
さて、寿司ネタっていう話は置いといて(ツッコミは無用にお願いしやす!)、再び会場に入ることにしました。
イメージ 2
特に目当てというものはなく、鉄道模型のジオラマを見ていこうか、そう考えていると、
イメージ 3
愛知県と岐阜県を走る名鉄のフラッグシップが、走行しているの捉えておりました。
こちらは、旧塗装の1000系ですが、後ろの様子が異なります。
イメージ 4
後ろは、名鉄5700系です。ということは、前半4両の1000系は単独の座席指定対応、後半の5700系が自由席扱いの車両というセットが発売されていたので、それを走行させているような感じですね。イメージは90年代前半から後半にかけてといったところでしょうか。
イメージ 5
続いては、対向からやって来るのは、「μスカイ」の愛称でおなじみの名鉄のフラッグシップ2000系と、東武鉄道の100系のスペーシアですが、こちらは6編成の中で、1編成しかいません。
イメージ 6
イメージ 7
4両編成の「μスカイ」が走行していたということを考えていたのでした。
イメージ 8
イメージ 9
下にいたのが、西武鉄道の5000系電車の復刻版が走行しておりました。しかし、もうそろそろ、会場を後にして、
イメージ 10
「エルマーTrain」という、鉄道グッズの店舗を目指して、行くことにしました。

ということで、次回は、その「エルマーTrain」へ向かっていきます。ということで、次回をお楽しみに。