近鉄特急車両の内装改良工事の総点検は、「かぎろひ」と「あおぞら2」に。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、近鉄特急車両の内装改良工事の総点検について、2本目は「雑記」から日記みたいなものです。

最初の記事は「∟車両部」から、近鉄特急車両の内装改良工事の総点検についてです。
イメージ 1
ついに、「あおぞら2」と「かぎろひ」の総点検を開始しました。
イメージ 2
実際には、ク15100とク15300型の2両を改造することになりました。それがメインです。それと、
イメージ 3
このタイプです。やり方はものすごく簡単で、
イメージ 1
この画像にある15200型の真ん中のヘッドマーク部分を取り外すだけです。

続いては、近鉄以外の情報についてです。
イメージ 4イメージ 5
実は、南海電鉄6000系系統などの車両の製作を予定しておりますが、それ以外に、以前ご紹介しておりました架空鉄道車両の売込みにも力を入れ始めました。「といって出た画像が、京阪2400系原型車と、2600系ではないか?」と突っ込むかもしれませんが、実は前面のベースがこの2種類で、2600系は、真ん中の表示幕がない原型を使用するタイプです。
これに、
イメージ 6イメージ 7イメージ 8
側面系統を近鉄8000系系列に改修した車両で対応します。また、トイレ付きという長距離仕様です。あとは、色分けをどうするのかが問題ですが…それはお楽しみにとなります。

さらにもう一つお知らせがありますが、今後の展開として、駅などの施設設計も同時に展開していきます。車両製作も続けますが、こちらに関しても立ち上げていく予定です。

ということで、報告は以上となります。それでは。