一三さんが追いかけた夢(阪急レールフェア) 01

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から新シリーズが始まりますのが、近鉄と同じく、路線範囲が2府1県にわたり広範囲の広がる阪急電鉄の鉄道フェスティバルの「阪急レールフェア」に行った様子を、レポートします。

イメージ 1
さて、10月21日に私は、オールドタイマーの残る列車が残る、正雀という場所に行くことになりました。実は、この場所に保存されていた車両があるということを事前に知っていて、それで行ってみたいと考えていました。
イメージ 2
そこに偶然、ラインで友人となった天空氏から、「『阪急レールフェア』に行ってみませんか?」という誘いを受けたのがきっかけでした。実は、この「阪急レールフェア」は応募し、そして抽選に当選しないといけない難関のため、本当は行けるのかどうか、まったくわからない状態でした。
イメージ 3
それで、行けると思った時に行ってみようということで、S氏を誘い(途中で抜けることになります)、私は阪急電鉄の大阪のターミナル駅の大阪梅田駅に急ぎました。
さて、今回の行程は、地元の光明池駅から、三国ヶ丘駅まで南海難波駅行き準急を、三国ヶ丘駅で大阪・京橋方面のO紀州路快速に乗り継いで行きます。

ちなみに、そこまでワープして、阪急梅田駅に直行します。そこで、天空氏と合流した後、撮影を開始、同じく友人となった仮面ライダーブラックRX氏とともに撮影を開始。
イメージ 4
ぼやけましたが、阪急梅田を出る京都河原町駅行き準急が出発したところを、見た後、
イメージ 5
なんと最新編成の1300系1307編成、高槻市駅行き普通に乗車して、正雀駅に向かうことになります。
イメージ 6
1000系も最新編成が出てきているため、阪急電鉄も9000系などとともに、かなりの車両数を誇る、阪急の一員として運転をしていくという車両たちに入っていく事になりそうですね。
実は、仮面ライダーブラックRX氏は、この「阪急レールフェア」に応募から外れたため、ここから、神戸三宮駅に向かうことになりましたので、ここでお別れとなりました。
イメージ 7
そこで、私と天空氏は、阪急正雀駅に向かうことになりました。ところが、阪急の正雀駅は、普通以外の列車は止まらない、車庫のある駅ながら利便性が低い駅となってしまいます。その反面、臨時列車を走らせていないのも、
イメージ 8
その点では、近鉄の鉄道祭りは、いろいろ定期列車の臨停を行うことで、何とかしているという話は聞いたことがありますが、「阪急レールフェア」の場合は、応募制なので、その点は、疎いのかもしれませんね。
イメージ 9
さて、「阪急レールフェア」ですが、相川駅で特急の通過待ちをしているため、通過列車の撮影中。
イメージ 10
走ってきたのは、9300系9305編成の京都河原町駅行き特急です。ただ、シャッタースピードの関係と、ISO感度を上げすぎたため、シャッター型に…(^^;。

ということで、正直、正雀駅につかないところで、プロローグ編は終了となります。次回から本格的に正雀駅と、正雀車庫のレポートをお届けします。それでは。