南海電鉄20001系のミュージアム版の室内モデル、20002型へ。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、南海電鉄20001系のミュージアム版の製作について、2本目は「雑記」から日記みたいなものです。

最初の記事は「∟車両部」から、南海電鉄20001系の博物館対応モハ20002型についてです。
イメージ 1
さて、ミュージアム版のモハ20001型の導入は完了と相成りましたが、今度は、モハ20002型の製作も進めてまいります。

ただ、今度は、自分の製作しているPIを縮小させていくので、大きさをはかるのが大変です。前に試したマンディ氏の製作した車両で、0.125倍ですので、それに合わせることができるのかどうか、これが目下の課題です。そして、
イメージ 2
今回導入予定の車両には、クロスシートが搭載されているという点です。この部分については、スイッチで方向転換時のシステムを作ることができそうなので、試してみます。また、幌の設定も同時に行う必要があります。
これに関しては時間がかかりそうな予感がするので、根気がいる作業になると予想されております。

ということで、報告は以上となります。それでは。