一三さんが追いかけた夢(阪急レールフェア) 11

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「一三さんが追いかけた夢」の第11回です。で、どうなるのか…です。

イメージ 1
さて、私と天空氏の二人で、阪急正雀工場をうろうろしておりましたが、そろそろ、お昼ご飯が、そこで、昼食をどこで…ってことになりますよね。
イメージ 2
そこで、候補として上がってくるのは、イベントで登場する屋台ですが、そこは混みこみの状態で、
イメージ 3
こんな様子じゃ、落ち着いて食べることができませんよね。ところで、この先には、京都線6300系が塗装更新工事を行っているため、その途中経過を見ることができました。
イメージ 4
こちらが、それです。正面に向かってみると、
イメージ 5
こんな感じです。改良工事が行われておりました。
イメージ 6
そして、工場内で、クレーンの実演を見学した後、
イメージ 7
3300系3311編成の高槻市駅行き普通に乗り込み、高槻市駅へ向かいました。その関係に関しては、YouTubeの動画で、「京とれいん」の通過動画に含まれております。そこで、説明しておりますので、そこでお楽しみください。
…って、そうは問屋が卸しませんよね(-_-;)。
イメージ 8
茨木市駅に到着。正雀駅からの停車駅ですはどうなっているのかといいますと、茨木市駅まで2駅が停車しております。摂津市駅と南茨木駅となります。かつて、大阪府内で、鉄道が通っているけど駅がないという自治体がかつては、ありました。
イメージ 9
その一つが摂津市です。実は、摂津市はL字状態の市です。だからといって、大阪市内への交通アクセスができないため、2000年代に入って駅を設置することが決まりました。
イメージ 10
そのため、摂津市駅は、エコ駅として建設されたのだとか…。まあ、そんなことを言っている間に、正雀駅を通過した7300系7320編成の京都河原町駅行き準急が出発していきました。

まあ、そんなこんなで、次週は快速特急「京とれいん」の通過待ちを撮影した動画と、お昼を過ぎて、正雀駅会場に戻るまでをご紹介します。次回をお楽しみに。それでは。