人が戻るのか? 復興に向けた課題と、住む場所はそこでいいのか?

本日の話題の2本目は、「復興へ」から、現実の復興への課題をお話しします。

本年の集計で、3月11日現在、大まかな数字ですが、50000人ほどの避難生活を送っておられる結果が出ているそうです。

一つ、大きな地震等、大災害が起きた時に、一時的に避難生活を送らねばならなくなる人も、出てくるのは事実ですが、今回の震災は、地震と大津波だけでなく、もう一つの出来事が関わっています。

福島第一原発のメルトダウン事故です。かといって、廃炉作業をしているから、何十年後には大丈夫かというと、そうでもなさそうだと言うのが現実です。

ただ、原発事故だけの問題かというと、それだけではなく、被災地域がもともと過疎地ゆえ、産業が成り立たないと言うことが大きな背景にありそうです。

しかし、考えてみれば、震災前から指摘されたことが復興するに当たって、泉のように沸き上がったことも、事実ですし、そのために努力していた人も多いはずです。

そんな中、こんな話もあります。宮崎市では、南海トラフ地震による津波浸水想定地域に、あえて居住する人が増えていると、言った指摘があります。

居住されておられるお方に、話を聞いて見ると、出てきた答えは、利便性だったそうです。確かに、利便性を重視するのは居住するに当たっては、判断基準の一つですが、その前に「安全なのか?」と言う点が抜けてしまうと、災害に会ったときに、どのように対象するべきか判断が難しくなります。

やはり、安全を確保できる場所を第一優先に住まいを選ぶのが良いと言うことになるかもしれません。

ただ、今言えるのは、復興へ着実に歩むためには、産業を再び被災地に作ることができるのかが鍵になると言えます。

と言うことで、次回の記事に向かいます。それでは。