阪急610型、さてどうなるのか。

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から、阪急神宝線クラシック車両計画の第5弾610型の製作状況から、2本目は、「名列車列伝特集」の「くろしお」編についてです。

最初の記事は「∟車両部」から、阪急610型についてですが、
イメージ 1
調整ができまして、ここまで来ました。610型の610号は、非貫通ですので、貫通扉の枠部分などを取り外す工事も行います。

その後は、
クリックすると新しいウィンドウで開きます
そして900型の製作に向かうのですが、その前に、610型の中間車両の製作を行わないと間に合いませんので、次週で計画を紹介していきます。

ということで、報告は以上となります。それでは。