笑いと電車、結びついたら? ―笑電祭レポート― 03

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「笑いと電車、結びついたら?」の第3回です。

さて、
イメージ 1
私たちは、「笑電祭」のお話ですが、実はお笑いのステージでとんでもないことが起きておりました。なんと、漫才コンビが登場するわ、その後で、有名な人も登場してきますね。
イメージ 2
実は、お笑い芸人の代走みつくにさん、安田大サーカスの団長もやってきていました。おそらく、これがお目当てという人もいたかもしれません。
イメージ 3
実は水間鉄道の水間車庫のことですが、急きょ会場が設営されたことを考えると、鉄道ファンにとっては、まさに「鉄道+お笑い」とはまさにこのことといえます。
イメージ 4
それと、手作りヘッドマークがたくさん置いておりますね。実は、中小私鉄ならではの風景ですね。
イメージ 5
それはそうと、特急列車が走らない小さな私鉄で、こんな形で祭りを開くことができるというのは、面白いですね。
イメージ 6
それでも、お笑いのステージでは、安田大サーカス団長、そして代走みつくにさんなどが、お笑いで楽しませてくださいました。
イメージ 7
そして、幕は「元住吉」の幕に代わったこともわかり、それも撮影しました。これも、サプライズがありました。
イメージ 8
実は、代走みつくにさんが、持ってきたのがこちらの「全車座席指定」の和歌山港駅行き特急「サザン」の幕です。そして、もう一つは、
イメージ 9
こちらは、特急「サザン」のパタパタ幕の一つです。そして、
イメージ 10
次は、「臨時」幕です。ということで、次回の記事も水間鉄道の記事になります。

次回もお楽しみ。それでは。