令和元年まで、後2日

本日の話題の2本目は、「雑記」から改元まで、後2日と言うお話です。

実は、本日は「昭和の日」だったのですけど、元号が今まで何気なく使用していますよね。書籍の中に元号が登場するのは、「大化の改新」からとされております。ただ、歴史書では、それまで「◯◯天皇◯年」と表記されていたものを、言いやすくしたのが最初といってもいいかもしれません。

実は、天皇が生前に改元をされるのは、近代天皇制が確立されてからでは、初めてですけど、近代以前は何度も改元が行われた例が多くあります。
例えば、大災害が起きたとか、その真逆で、珍事が起きたとかが対象となります。

今回は、譲位による改元ですから、近代以前なら特殊ではありません。しかし、「現世1元号」の原則から照らし合わせると、特殊であることになります。

まさに、歴史的な出来事になり、後世の教科書にも記されるかもしれません。

と言うことで、改元まで後2日です。それでは。