伊勢初詣旅「続・伊勢賑わい道中旅」 02

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「続・伊勢賑わい道中旅」の第2回です。

イメージ 1
で、1月1日大阪難波駅に到着した私と父ですが、今回乗っていく列車は、午前4時丁度発の鳥羽駅行特急(乙特急)で、担当していた車両ですが、23000系です。
イメージ 2
これは、伊勢市駅での撮影でしたが、23000系23105編成が使用されていたと記憶しております。では、室内の表示を見てみましょう。
イメージ 3
それが、こちらです。わたくしが乗ったのは、サロンカーが隣り合う4両目に乗って行くことになりました。この車両は、モ23300型という番号があり、車内販売準備室を備えている車両です。伊勢方面の甲特急では、車内販売準備室が大活躍しますが、今回はそうではありません。
イメージ 4
その前に、これが今回の旅で使用する特急券と切符です。
イメージ 5
そして、順調に進んで近鉄大阪線、大阪上本町駅、鶴橋駅、大和高田駅と停車後、アプリのLINEの友人にも会うことができました。窓ガラス越しですが(-_-;)。
イメージ 6
そして、榛原駅と、名張駅、伊賀神戸駅と停車していくのですが、ところが、室生口大野駅と三本松駅を通過中、山間部での鹿かイノシシと衝突したと言う知らせがあり、徐行状態で通過。
イメージ 7
その後、列車は奈良県を通過して、伊勢松阪市の拠点駅伊勢中川駅に到着。ここから山田線に入ります。
イメージ 8
そして、伊勢市駅到着後、やはり朝食を食べる前に、どこに向かっていくのか、
イメージ 9
となると、あれですよね。そのため、あすこに行きます。
イメージ 10
そして、あの旅館を見てきた後、
イメージ 11
こちらで、再び「御善哉」を食べた後、再訪となる伊勢神宮外宮に行きます。
イメージ 12
いったい中は、どうなっていくのかですよね。それを聞きたいですね。