阪神架空通勤車両6000系は完成。続いては、架空特急車両6400系の製作へ

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「∟車両部」から阪神架空通勤車両6000系の完成と、阪神架空特急車両6400系の製作準備に関してのお話、2本目は「鉄タビ(臨時便)」から「続・伊勢賑わい旅」の記事となります。

最初の記事は「∟車両部」から阪神架空通勤車両6000系についてです。
イメージ 1
ついに完成しました。これで、2両付属編成を連ねた4両編成(ブツヨン)、4両編成と併結した6両編成(組み合わせは、2種類あります{以前の記事にて紹介済み})、さらには、付属編成のブツヨンを組み合わせた近鉄奈良線内の使用を想定している8両編成といった具合で、連結できるようにしております。
実は、スイッチも基本編成とは連動しないように、カテゴリを分けて製作しております。

そして、阪神架空特急車両6400系ですが、基本的なシステムは6000系50番に合わせることを前提として、製作することになります。ただ、行先表示が大きく変更することは確実で、「座席指定特急」といったカテゴリを追加します。
ということで、報告は以上です。それでは。