"歴史もの"の記事一覧

新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 07-9 「憲法とアジア諸国との間で揺れた時代」

本日の話題の2本目は、「歴史もの」から「新シリーズ」の第49回をお届けします。昭和52年の「ダッカハイジャック事件」の続きから始めます。 ではなぜ、この「ダッカハイジャック事件」と対テロ戦争が関係するのか、 実は、日本赤軍が活動していた場所と関係があります。イスラエルを含む中東パレスティナ地域は現在PLO、つまり「パレスティ…

続きを読むread more

新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 07-8 「憲法とアジア諸国との間で揺れた時代」

本日の話題の2本目は、「歴史もの」から「新シリーズ」の第48回、1970年代も後半に入っているという中で、福田赳夫氏が組閣し、「日中平和友好条約」の締結を実現したのですが、その陰で、苦い外交経験を余儀なくされたということを、前回の話で少し触れました。今回は、その陰となってしまい、10年以上も前から続いているアメリカ合衆国を中心とした「対…

続きを読むread more

新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 07-7 「憲法とアジア諸国との間で揺れた時代」

本日の話題の2本目は、「歴史もの」から「新シリーズ」の第47回です。 田中角栄氏が内閣を総辞職し、バトンが渡った三木武夫氏は、「ロッキード事件」の捜査で自らの首を絞めるという事態に見舞われ、総選挙の結果責任を追って総辞職となった後、自民党と首相として日本国を背負った人物が、本日ご紹介する福田赳夫氏です。 彼が日本国の首相とし…

続きを読むread more

新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 07-6 「憲法とアジア諸国との間で揺れた時代」

さて、本日の話題の2本目は、「歴史もの」から「新シリーズ」の第46回です。なんと金権政治が問題となった頃に、三木武夫内閣が捜査を指示した事件、 それが、「ロッキード事件」です。実はこの事件は、日本だけではなく、世界の国家に影響を与える大事件でもあります。さて、事の始まりといえば昭和45年までさかのぼるのですが、このトライスターと呼…

続きを読むread more

新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 07-5 「憲法とアジア諸国との間で揺れた時代」

本日の話題の2本目は、「歴史もの」から「新シリーズ」の総合45回目に突入します。 この回から、内閣総理大臣が変わります。実は、昭和48年の第1次オイルショックの影響を受けて、日本の経済は狂乱物価のあおりを食い、物価の急上昇を招くなど様々な影響が出ていたのですが、これに汚職事件などが重なって、田中角栄氏首班の内閣から、三木武夫氏が首…

続きを読むread more

新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 07-4「憲法とアジア諸国との間で揺れた時代」

本日の話題の2本目は、「歴史もの」から「新シリーズ」の第44回です。 さて、第4次中東戦争により、「列島改造論」によって交通網などの整備が行われていた日本を直撃した石油の高値、いったい何が起きたのかについて、見ていきます。 今回は3つのポイントにまとめてみることになりました。1つは「なぜ、4回も戦争が行われたのか」、2つは「…

続きを読むread more

新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 07-3「憲法とアジア諸国との間で揺れた時代」

本日の話題の2本目は、「歴史もの」から「新シリーズ」の第43回、時代は田中角栄内閣のころのお話が舞台です。 日中国交正常化から、2か月ほどさかのぼった7月、田中角栄氏と、後に首相となる福田赳夫氏との間で、自民党総裁選が行われ、田中角栄氏が勝利を収める結果となるのですが、このころに出版された書籍が驚異的なベストセラーとなります。もち…

続きを読むread more

新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 07-2 「憲法とアジア諸国との間で揺れた時代」

本日の話題の2本目は、「歴史もの」から「新シリーズ」の「07-2」です。 さて、昭和47年7月、田中角栄氏が首相に就任後、中華人民共和国との国交回復への事業を託されました。 だからといって、そう簡単に進んだわけではないことになってしまいます。それがなぜかといいますと、これは佐藤栄作氏が第3次内閣を担当していた時代に一旦戻って…

続きを読むread more

新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 07-1 「憲法とアジア諸国との間で揺れた時代」

本日の話題の2本目は、「歴史もの」から「新シリーズ」の「7」、つまり、1970年代に突入していきます。今までは、重要な政策を行ってきた内閣にスポットを当てたのですが、ここからは年代ごとに、1項目として扱うことになって行きます。 さて、本日はそのプロローグに当たる昭和47年です。この年は、佐藤栄作内閣が8年にわたる長期政権において、…

続きを読むread more

新シリーズ 平和と戦争の間で揺れた日本 06-14「和平交渉と憲法で揺れた時代」

本日の話題の2本目は、「歴史もの」から、「新シリーズ」通算第40回です。本題に入る前に、私(今回のナレーターでもあるのですが)は数多くのブログ記事を書いてきたのました。今回の40回という大台というのは、未知の領域に入ったと言って良いかもしれません。 旅記事に関しても、ここまでかくことは普通は皆無ですし、昔の旅記事を見てきても、30に達…

続きを読むread more