"小説に関するもの"の記事一覧

登場人物:第5章

ついつい書き忘れておりました。第5章に出てくる人物ですが、その中身はすごい事になっております。 神楽坂明日菜―一美の部下となる人物の一人で、後の産生公(日本の厚生労働大臣に当たる)。出身地は広州より少し南に入った香港コロニー、北田商団からも学費などの援助を受けている。 近衛木乃香―一美の部下となる人物の一人で、神楽坂明日菜と同じだが、…

続きを読むread more

登場人物追加

4章で登場した登場人物を紹介します。 野武幸 一美より二つ上の人物、性格はワイルドだが、根はやさしい人物であり、お母さんのような存在でもある。礼節を重んじる一美に心を打たれ、一美の部下として名を連ねる。 項徳(字:紅巾) 中華族の有力政治家、後、一美の幕閣に入って行くことになる。そして、中央政界の         情報を送っている。 …

続きを読むread more

追加登場人物

すいません。4章まで行きまして登場人物を追加するのを忘れておりました。 紹介いたします。 小柴兼人―1章から登場した人物ですが、小学校1年の時から友である。小柴家の当主であり、文武両道の相談相手のような存在で出身は、深圳コロニー。しかし、今のところは登場する回数は少ない。 原 一光―彼も1章からの登場ですが、法律家を父に…

続きを読むread more

インターバル

プロローグと1章を書いておりましたが、登場人物を書くのを忘れておりました。分かりにくかったこともありまして、ここでインターバルとして書いておきます。 北田一美 出身は広州コロニー。商団を率いる北田武彦の娘。特殊剣「五皇黄天剣」を7歳の時に前島昭     代から譲り受け、13歳で、剣術を仁部友凛から習得する努力をしている。      時…

続きを読むread more

タイトル募集

実は、 「虹色の十七世紀」と書かれているタイトルはまだ仮で、皆様からタイトルを募集しようと考えています。 気軽にお考えください。 と言うことで…。

続きを読むread more

今まで温めてきたもの

小説に関するもので、温めてきたアイディアを公開しようと思います。 今回の温めているものは、ガンダム系と歴史のミックスです。 そして、時代設定と言うより、参考にした時代は中国の元朝末から、明初めにかけて(西暦でいうと1330年代から1350年代)を中心に、書いてみようと考えております。 それから、主人公は女性として、主人公が最終的には国家…

続きを読むread more