"3:南海シティデベロップメント"の記事一覧

建設を開始するまで時間が…。

まだまだ時間がかかっています。 関空線については、いろいろと計画を練り合わせて行くことがあるので、まだまだ時間がかかります。 気長にお待ちください。 さて、特急サザンと特急ラピートの運用をどうするか。それがカギです。 以上です。

続きを読むread more

飛行機プロジェクト進行中と、再び南海線に手をつけます。

ついに、念願の飛行機を手に入れたのですが、改造工事だので、時間がかかりましたが。今回新たに、関空線の計画を実行に移す可能性が高まってきました。 もうそろそろ、阪伊鉄道がどこまで建設されているのか、首都高速鉄道がどこまで伸びてきているのか、気になるところです。 さてですが、この建設で影響を受けるのが、ARさんに提供しているレイアウトです…

続きを読むread more

関空線開発は、まだ先の可能性があります。

事実上、現実問題ですが、りんくうタウンの用地が買収されている程度で、どうしようかまだ迷ったままです。 駅舎の建設、工事期間、さらに現実の仕事の問題と、問題は山積み、設定も南海線と紀州鉄道線が、どういう組み合わせで配置するかについても未定です。 おもに川島令三氏編纂の鉄道地図「東海道ライン」10編を参考にしてみようと思います。 それで…

続きを読むread more

もうそろそろ

着工せんといけん。 と言いたいのですが、メインのほうが、オーバーヒートの影響を受けて、バックアップしていた輸出版で対応しなんとか元の状態を保っている状況です。第一、枚数の多さがと言う問題ではなく、データーの大きすぎるという点があだになっているようで、なんとかせんといかん。と考える日々です。 高野線の百舌鳥八幡駅等の着工も要求されてい…

続きを読むread more

気になる。

実は乗り入れ鉄道の進捗状況が気になります。そのために、関空線に関しては、着工が遅れてしまいました。非常に申し訳ありません。10月に完成できるかどうか、それが問題となってしまいました。 ああ、どうしようと考えても、なるようにしかならないですね。まあ、そのようなことはしないようにしないといけませんね。 ということで、 関空線の着工は9月…

続きを読むread more

だいぶ遅れて、開始します。(加筆修正)

計画線の着工が遅れに遅れています。なぜなら、小説の制作が推しています。そのために、計画が伸びております。実は、それに関してお知らせがありますが、この3連休のうち、1日を潰して、制作に当てます。 区間は、泉佐野―りんくうタウン(新南海鉄道関空線)、日根野―りんくうタウン(紀勢鉄道関空線) のみにします。 そして、次に、計画しております…

続きを読むread more

全然進まず

工事が停滞しております。どこと言いますと、関空線と紀勢鉄道線です。時刻表の策定に現在力を入れているために、工事に着手できていません。それにCドライブの発熱と言う問題にも合わせて取り組まねばならなくなっております。 工事はいつになったら始まるのか、問題山積です。

続きを読むread more

さて、そろそろ、着工期間に突入します。

着工は昨日でしたが、今日からとなりました。昨日は小説などの仕込みで、それどころではありませんでした。 今日からの着工と、お知らせです。 本線と高野線区間の運行形態システムを、ATSからATOシステムに変更することが決定しました。これは、川島令三氏の『私鉄王国の凋落』を拝読していた幹部から、 「今までのATS、ATCシステムでは安全が…

続きを読むread more

現在のところ

進んでおりません。なぜか、それは、いろいろと予定が立て込んでいるみたいです。それに運用表が完成していない(致命的ですT_T)。これが、第1の障害です。それに、合わせて時刻表の一部を改良せざる負えなくなり、それに合わせ、帰るのに一苦労。それを今度は車両にプログラムするのに一苦労と、大変な作業ばかりです。 暫定開業は、早くて9月に入らないと…

続きを読むread more