"鉄タビ"の記事一覧

金毘羅山へ祈りと撮影旅 12は次週延期で。

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「金毘羅山へ祈りと撮影旅」としたかったのですが、仕事などでいろいろとありまして、今回は中止と相成りました。 それよりも、どうなるのかはわかりませんが、今後によっては、明週に記事が間に合わないかもしれません。 ということで、申し訳ございませんが、今回はここまでとします。 それでは。

続きを読むread more

金毘羅山へ祈りと撮影旅 11

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「金毘羅山の祈りと撮影旅」の第11回です。 さて、琴電の撮影は、暑い中でオールドタイマー3連星を撮影するため、さっそく撮影をしていたのですが、さて、撮影するのにも一苦労ですが、日も高くなってきて暑くなってきたわけですが、しかし、皆様が狙うのは同じ列車達であり、関東で使用されていた車両たちには目も…

続きを読むread more

金毘羅山へ祈りと撮影旅 10

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「金毘羅山の祈りと撮影旅」の第10回をお贈りします。 さて、琴電琴平駅で待っていた私とS氏は、再び琴電に乗り込み、今度は東側に進みます。さて、行先をどうしようかと考えて、行先はどこか…、滝宮駅に向かいますが、どういうことなのかといいますと、実は、いい構図でとれる場所があったからで、そこで撮影しよ…

続きを読むread more

金毘羅山へ祈りと撮影旅 09

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「金毘羅山の祈りと撮影旅」の第9回です。 さて、金毘羅山の内部に入っている私とS氏ですが、まだまだ、本殿には入っていませんが、この金毘羅山の中腹にあるのが金刀比羅宮があるわけですが、この門の先にある場所ですが、実際にどういう場所だったのか、こんな感じでした。実は、中央に見えるのが、讃岐富士と呼ば…

続きを読むread more

金毘羅山へ祈りと撮影旅 08

皆様おはようございます。本日の話題は2本あります。最初の記事は「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」ではなく、昨日の2本目だった「鉄タビ」本編から「金毘羅山の祈りと撮影旅」の第8回、2本目は「3:新近畿車輛株式会社(NKTF)」からの記事をお届けします。もしかしたら、3本目に「名列車列伝特集」の「あかつき」編ですが、もしかしたら書かない…

続きを読むread more

旅の楽屋裏

本日の話題の2本目は、「お知らせ」ですが、お詫びです。 申し訳ございません。「鉄タビ」本編から「金毘羅山の祈りと撮影旅」は、明日の1本目に回します。すいませんm(_ _)m。 箸休めですが、この琴平駅には、多くの鉄道路線が乗り入れたそうです。 そのうち、「ブラタモリ」でも紹介されていたのですが、そのために、JR四国が特急を停車させ…

続きを読むread more

金毘羅山へ祈りと撮影旅 07

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「金毘羅山の祈りと撮影旅」の第7回をお届けします。さて、さっそく仏生山駅を出発し、琴平駅に向かうのですが、讃岐富士を見ながら、金毘羅山を目指していきます。実は使用している車両が、対抗に見えている車両と同じ京王5000系です。乗車したのは、その改造車両です。その車両に乗って、琴平駅に向かいました。各…

続きを読むread more

金毘羅山へ祈りと撮影旅 06

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「金毘羅山の祈りと撮影旅」の第6回となりました。やはり、この形になりました。申し訳ございません。 さて、仏生山駅についたのが、朝の7時前なので朝日がまぶしいです。しかし、仏生山駅には、隣に車庫があり、4扉の700型が、2両編成かされておりますが、そこに、旧1000型がたたずんでいますね。実は、昔…

続きを読むread more

金毘羅山へ祈りと撮影旅 05

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」本編から「金毘羅山の祈りと撮影旅」の第5回をお届けします。 朝早くの高松駅に到着した。わたくしとS氏は、さっそく朝食を食べて、どこに向かったのかといいますと、朝の高松駅この後、少し歩いたところにあるのが、琴平電鉄の高松築港駅に到着、ここから、高松築港を午前6時に出発する普通列車第1列車に乗車して、どこに…

続きを読むread more

金毘羅山へ祈りと撮影旅 04

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「金毘羅山の祈りと撮影旅」の第4回になります。 さて、私とS氏を乗せたジャンボフェリー高松便は、南西に向かって進んでいます。この船は、どこに向かっているのか、わからない感じです。フェリーは南西に進路をとるで、どこにいるのかといいますと、この2時間で、神戸と高松の半分に来ているわけです。さて、ここは土…

続きを読むread more