"鉄タビ"の記事一覧

桑名・養老鉄道への旅 03

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「桑名・養老鉄道への旅」となります。 さて、私を乗せた名古屋駅行特急(乙特急)は、四日市駅を過ぎ、桑名駅へと向かっておりました。実は先頭車両に出向いておりました。荷物も持っておりまして、動画を撮影しながら、桑名駅への到着を今かと待っておりました。ついに桑名駅へ1230系または1430系の4両編成が現…

続きを読むread more

桑名・養老鉄道への旅 02

さて、本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「養老鉄道撮影旅」の第2回をお届けします。 で、私を乗せた名古屋駅行特急(乙特急)は、奈良県内に入りました。そして、その先には、三重県に入るのですが、以前の名阪甲特急とは異なり、名張市の名張駅と、鈴鹿市、四日市市、桑名市にも停車していくので、実際には、名阪甲特急よりも10分ほどかかることになり…

続きを読むread more

桑名・養老鉄道への旅 01

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から6月の終わりに旅した桑名と養老鉄道の旅を届けしましす。 実は、私がこの旅を思い立ったのは、6月27日と6月28日がサミットのために休むことになったため、その4日間のうち、暇な日が多くなってしまうため、3日間を自由に乗りこなせる「近鉄週末フリーパス」を使用した旅に出ることとなったわけです。その1日目に…

続きを読むread more

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 20

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り」の記事の最終回となります。 さて、「近鉄鉄道祭り」の記事も長い記事も、そろそろゴールが見えてきました。さて、ラストですが、この画像からもわかる通り、鉄道バー「駅」の記事となっていくのですが、実はその前に、実際に、鉄道バーでは多くのお方とお会いできたのですが、実は、名阪甲特急関係で面白…

続きを読むread more

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 19

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り」の続きです。実は、私たちが待っていたのが、2013系がどこに行くのかということでした。さて、その車両は、2013系は、「つどい」用に改造された2000系がベースとなっている車両となります。もとは、通勤車両だったわけですので、6200系をもとに改造した16200系の参考となったわけです。…

続きを読むread more

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 18

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り」の第18回です。 今回は、祭りが終わった後のお話となります。さて、車両展示ブースに戻った私と「天空」氏は撮影を続けました。しかし、もうそろそろ、祭りが終わろうとしている時間であることが、わかり、外に出ることになりました。普通は、そこからまっすぐ駅に戻るのですが、ここで、五位堂駅の反対…

続きを読むread more

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 17

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り」からです。 さて、私と「天空」氏の二人で、バスのブースを後にしたのですが、その前に、この光景を見てから行きましょうか…。いつか乗ってみたいですね。「青の交響曲(シンフォニー)」ですけど、いつ乗れるか…。で、さっそく、鉄道模型コーナーへ。50000系「しまかぜ」と、5200系の急行でし…

続きを読むread more

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 16

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り」の第16回です。 さて、私と天空氏は2人は、再び売り場ブースに戻ってきました。そこから、どこに向かうのかといいますと、近鉄バスと、グループの奈良交通バスのブースです。このブースは、大阪府内を走る近鉄バスと、奈良県内を走る近鉄グループホールディングス傘下の奈良交通バスの紹介を行うブース…

続きを読むread more

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 15

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り」の記事となります。 それで、私と「天空」氏の二人で、工場内の撮影を行っていました。実際に、モト97型と98型のそばを通った直後、この車両たちを通り過ぎるのですが、荷台にはおそらく、台車を置くことになるのだと思いますが、これを使用するのは、南大阪線で使用されるものですね。それ以外にも、…

続きを読むread more

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 14

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り」の記事となります。 さて、 私と、「天空」氏の二人は、一旦外に出て、「近鉄鉄道祭り」でいつも楽しみにしている「アナウンス体験コーナー」に入ってきました。 しかし、「天空」氏は乗る気ではないため、今回はお預けとしました。また次回にということですね。 そこで、ある探検ツ…

続きを読むread more