"鉄タビ"の記事一覧

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 13

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り’18 」の第13回です。 さて、私と「天空」氏ですが、これから、工場内に入っていきます。 さっそく目に飛び込んできたのは、3200系から採用されている中間車両のデザインです。入場していたのは、3200系3705編成で、3805番ですね。 これは、作業員側の目で見たアン…

続きを読むread more

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 12

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り’18 『さらば平成、次の時代へ』」の第12回をお届けします。 私と「天空」氏の2人で、五位堂会場で撮影しているのですが、まさにギャラリーが、対抗からやってくる「あおぞら2」を待ち構えておりました。実は、この「あおぞら2」ですが、 実は、この車両が担当する運用は、名古屋駅…

続きを読むread more

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 11

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り」の記事となります。 さて、私と天空氏の二人でやってきた場所は、休息電車ですが、メインはそれではなく、 そう、通過列車です。そこに、何に通過列車がいるのか、どうなるのかは…。トップバッターは、 21020系22121編成の大阪難波駅行特急(乙特急)、 伊勢中川…

続きを読むread more

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 10

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り’18 『さらば平成、次の時代へ』」の第10回目ですが、第9回からの続きです。 手前にいたのが、8400系8409編成、その隣にいたのが、2013系「つどい」ですが、手前にいる8409編成は、中間車両の8459号が、テロ事件の標的となったことでも知られております。 実…

続きを読むread more

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 09

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」の「近鉄鉄道祭り」の記事となります。 さて、「近鉄鉄道祭り」の本体に向かいます。お目当てはこれです。その答えは、これです。 まず、トップバッターは、「はかる」くんです。実は、2410系2411編成からの改造車両が登場しました。この車両は、新幹線の「ドクターイエロー」と同じ性格を持っており、…

続きを読むread more

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 08

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り」の記事となります。何とか画像が間に合いました。ということで、それでは。 さて、五位堂検修車庫の会場内に入ったのですが、さっそく、Facebookのメンバーのお方とお会いしました。 実は、近鉄本社の広報担当の福原さんです。実は、昨年もお会いしていたのですが、今回は天空氏と…

続きを読むread more

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 07

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り’18」の第7回です。 さて、私と天空氏の二人は、五十鈴川駅行き急行に乗車したのですが、 大阪線の河内国分駅を、出発したところから再開します。 早速、新玉手山トンネルを通過していきます。しかし、大阪から伊勢方面に行くとなると、北側に向かう奈良線と比べて、奈良県内の中…

続きを読むread more

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 06

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り’18」の第6回です。高安会場から、五位堂会場に向かいます。その話から始めます。 さて、近鉄高安駅に戻った私と天空氏の二人は、次の会場である五位堂会場に向かうのですが、この列車は、12400系12401編成の回送列車です。この近鉄は大阪の生駒山地を越えるため、どうしたのかですが…

続きを読むread more

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 05

さて、本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り’18」の第5回となります。 さて、私と天空氏は、洗車体験を終えて、ふたたび高安会場内を歩き回ります。 さて、いったん外に出た後、伊勢志摩ライナーの奇数編成がいることが分かり、早速そこに向かいました。 こちらが、運転台体験展示の23000系ですが、こちらはク2…

続きを読むread more

近鉄鉄道祭り’18 「さらば平成、次の時代へ」 04

本日の話題の2本目は、「鉄タビ」から「近鉄鉄道祭り’18」の第4回の記事です。 さて、私と天空氏の二人で、会場内を回っているのですが、 さて、恒例のパネル展示ですが、こちらは、葛城高原のPRです。 こちらは、生駒ケーブルと、葛城山ロープウェイのPRのポスターですね。 こちらは、施設見学会のPRでしたね。そして…

続きを読むread more