"小説「獅子と犬―対露戦争と日本」"の記事一覧

「獅子と犬―対露戦争と日本」 1 ロシアを甘く見るな!

日本がロシアと初めて接触したのは、今から200年前の1792年の事で、元号でいえば寛政4年に当たる年である。このころの日本は幕藩体制に置かれており、現在の都道府県と州制度を合わせたような体制をとっていた時代である。 この時、ロシアの全権代表ラクスマンは、当時の幕藩体制の外にある北海道の根室に上陸し、交渉を求めたが、当時、東アジアではス…

続きを読むread more

プロローグ

今から100年も前のこと、世界は食うか食われるかが常識だった時代。 誠に小さな国が、いや、小さかったから国家を守れたのかもしれないと思っている人もいるだろうが。100年前の奇蹟こそ、この国の本当の姿だったのかもしれない。 まさに、嘉永6年の黒船来航から明治維新をへて、わずか30年もたたないうちに、「眠れる獅子」と当時恐れられた大国清に快…

続きを読むread more