"今の社会はどこへ向かう"の記事一覧

早くも1100人越え? 止まらないのか?

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ行く」の記事ですが、 最悪のタイミングというべきかもしれません。感染者数が1100名を超えてしましました。昨日に1100名に迫るところまで来ていたことを考えれば、この数はさほど驚かないはずです。しかし、上昇率が驚異的なことになっています。まさか、この状態が、このまま続くのでしょうか。 まさかで…

続きを読むread more

史上最悪の事態だと…。

本日の話題の早くも2本目は、「今の社会はどこへ行く」の記事ですが、 先ほど速報が上がりました、大阪府下の感染者数が1000人を突破するとの予想が出てきており、午後5時時点でNHKの正確な結果が出ると考えると、もはや確実だといえるかもしれません。 とんでもない事態だというのは、もう間違いないでしょう。どういうことが起きているのか、本当…

続きを読むread more

最悪の伸び率。

本日の話題の2本目は、「日常」からの記事ではなく「今の社会はどこへ行く」の記事です。 実は、昨夜ですが本棚で、読んでいない本があっただろうかと思案しまして、本棚を開けることになって、そこで見つけたのが岩波新書から昭和47年1月に刊行された野島徳吉氏著の『ワクチン』です。 実は、「インフルエンザ」について、気になる話がありましたが、大…

続きを読むread more

もう、第4波と呼んでも…。

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ行く」の記事ですが、 やはり、恐れていたことが起きております。蔓延防止等重点措置が、明週から大阪府、兵庫県、宮城県で実施されるのですが、その大阪府内での感染者は相も変わらず600人を超えており、今月、大阪市内で行われる聖火リレーも中止を検討していると吉村知事は述べております。ただ、果たして、この…

続きを読むread more

616人と「蔓延防止等重点処置」の重み

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ行く」の記事に差し替えてお話します。 実は昨日の記事で、こう述べたのですが…。 まあ、どうなるのか予断を許しません。気を引き締めていかなければならないですね。 楽観論ではなく、本当に気を引き締めていかなけれなばなりません。実は、本日の感染者数が600人を越えたという話が飛び込んできました。こ…

続きを読むread more

悲しみの上塗りか…。

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ行く」の記事となります。 瀬戸内海の長島に初めてハンセン病療養施設として、「長島愛生園」という施設がありました。実は、ここで25年間ですが、1834人のお亡くなりになれたハンセン病患者を、家族に無断で司法解剖していたという資料が、明らかになってきました。一体どういうことかといいますと、解剖録が3…

続きを読むread more

本当に減っているのか

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ行く」の記事です。 さて、「緊急事態宣言」解除後、恐れていたことが起きました。感染者数が増えてしまう事態が発生しております。どうして…こうなったのか、一昨日の記事が影響しているといえましたが、その影響がここにきて出てしまったわけでして、それはそれで大変なことになってきております。やはり、4月1日…

続きを読むread more

おとといの揺れで感じたこと…。

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ行く」の記事で、タイトルの通りです。 一昨日の午後6時に、東北地方の金華山付近でマグニチュード7.2となる揺れがあり、東北地方の中心都市の仙台を中心に、震度5強を観測しておりましたが、この前の2月20日に発生した地震の余震と思われていたのですが、実際に、東日本大震災発生を思い出した方も多かったの…

続きを読むread more

福島を支えた空港のお話

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ行く」の記事で、「東日本大震災発生10年」特集の記事ですが、本日のタイトルが、ずばり「福島を支えた空港」のお話です。 全国47都道府県を時刻表の地図で見てみると、東北各県には、必ずといっていいほど、1か所、山形や秋田に至っては、面積の広さから2か所にあります。実際に東北各県は、東京都内から鉄道で…

続きを読むread more

震災から10年経ったが、今度は原発事故から10年。

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ行く」ですが記事のネタが、「原発事故」のお話です。 一昨日の記事、触れたのですが、「そのものがなくなった」の割合が福島県で最も高くなっており…。この話の意味を突き詰めていくのですが、その点で言うと、福島第一原子力発電所の話ですが、実際に廃炉作業が30年は最低でもかかるといわれておりますが、実は今…

続きを読むread more