"今の社会はどこへ向かう"の記事一覧

前代未聞、森友学園問題はどうなる? 下

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう?」から森友学園問題の下ですが、今回は、本題に入ります。 森友学園問題の本丸に切り込みます。財務省が関連しております。今回、森友学園が財務省から巨額の値引きをしたという話がメインのはずですが、実際に、国会や報道では、別の話に飛んでいるものが多く、本筋がかすんで見えます。 今回の事…

続きを読むread more

激震、金正男氏暗殺、日本の安全保障に暗雲か? file5

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう?」の特別篇から、「激震、金正男氏暗殺、日本の安全保障に暗雲か?」の第5回をお届けします。 さて、本日の午前中に朝鮮民主主義人民共和国がミサイルを発射させたのですが、なんと奇妙な発射の仕方をしました。今回発射されたミサイルは、2月16日に発射したミサイルと同じ型であったという報道が出て…

続きを読むread more

前代未聞、森友学園問題はどうなる? 中

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう?」から森友学園問題の中編をお届けします。 さて、前回のお話で、何故籠池氏に振り回されたのかという疑問が浮かんできている方が多いと思われますが、もともとの問題は何だったのか、それについて、掘り下げていきます。この流れは大きく分けていくと二つになります。 一つは、土地取得問題、もう一つ…

続きを読むread more

激震、金正男氏暗殺、日本の安全保障に暗雲か? file4

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」から「金正男氏暗殺の衝撃」の第4回をお届けします。 「金正男氏暗殺の衝撃」の第3回が終了した後、パソコンの変更で、2週間ほど空いたため、事情が大きく変わってきております。まず、金正男氏の遺体が、どうやら腐敗防止処理を施された後、クアラルンプールから搬送されるという情報があり、今回…

続きを読むread more

前代未聞、森友学園問題はどうなる 上

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」から、森友学園問題についてお話していきます。久々の国内編ということで、話をしていくのですが。今回は、日刊スポーツ誌からの記事を取り上げます。 実は本日付の記事です。 実は、3月23日の証人喚問の後に、外国特派員協会の記者会見内で、笑顔を見せた籠池泰典氏の画像が、写っている中で、今回…

続きを読むread more

激震、金正男氏暗殺、日本の安全保障に暗雲か? file3

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう?」から「金正男氏暗殺の衝撃」の第3回をお届けします。 実は、APF通信の配信によると、日本が提供した金正男氏の指紋と、家族から送られたDNAを基に、金正男氏本人であると言うことが確定しました。今回の事件の裏で日本政府がひそかに動き、金正男氏であるという証明できたのは、偶然ではなく必然…

続きを読むread more

朴槿恵氏失職

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう?」から、「朴槿恵氏失職」というタイトルで始めます。 本日は「ハンギョレ新聞」の電子版から、朴槿恵氏失職騒動に周辺各国の反応を見ていきます。 本月10日、歴史的な決断を下した大韓民国憲法裁判所、その結果は、「弾劾が相当である」という見解でした。これは、大韓民国憲政史上初という異常…

続きを読むread more

激震、金正男氏暗殺、日本の安全保障に暗雲か? file2

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう?」の特別版のファイルその2です。実は、ここ1週間で、思わぬことが起きておりました。一つは、4発同時の弾道ミサイル発射という暴挙に出たという話が飛び込んできたのです。 そこで今回は、朝日新聞社発行の雑誌「AERA」の記事から話を起こします。どうして、朝鮮民主主義人民共和国のトップである…

続きを読むread more

日韓合意反故? その8:本当の問題は? 5

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう?」から、「日韓合意反故?」の第8回をお送りします。 今まで7回も、話してきたのですが、今回のお話については、大韓民国国内の事情についてのお話をしていきます。本日配信の『朝鮮日報電子版』によると、今回の弾劾裁判の成否にかかわらず、混乱が増長される危険性が高くなっているという話が出てきて…

続きを読むread more

激震、金正男氏暗殺、日本の安全保障に暗雲か? file1

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう?」の特別篇です。今回取り上げるのは、朝鮮民主主義人民共和国の関与が疑われる事件です。 本日のマレーシアのクアラルンプール特別自治区の裁判所で行われた初公判手続きで、実行犯2人の起訴するとともに、シティ・アイシャ被告(インドネシア国籍)、ドアン・ティン・フォン被告(ベトナム国籍)が死刑…

続きを読むread more