"今の社会はどこへ向かう"の記事一覧

日韓合意反故? 1:そもそも、日韓合意って?

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう?」より、日韓関係で重大な局面にある「釜山在日本領事館前慰安婦像設置問題」と、それに対しての日本政府の対応について、お話します。 釜山領事館に昨年末、従軍慰安婦像が設置されるという問題が起きたことを受けて、あけて1月10日、日本政府は「ジュネーブ条約(外交官保護を目的とした条文を規定し…

続きを読むread more

子育てに騒音はつきものだが…。

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」からです。本日の記事は、「子育てに騒音はつきものだが…。」というタイトルで、お話をしていきます。 最近話題となってきた話で、「待機児童問題」が話題となりましたが、実は、待機児童問題とも関連するのが、本日の記事です。昨年に「保育園落ちた日本しね」の記事において話題となりましたが、実は、…

続きを読むread more

国岡商会だ! 油持ってきたぞ!!

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」の新年スペシャルからです。 実は、面白い話ですが、昨年の12月から、公開されている「海賊と呼ばれた男」ですが、私もつい2時間ほど前まで、私も見ておりました。 どうやら、実はこのモデルは、出光佐三がモデルとなっております。実は、最近の漫画などは、歴史ものが多くなってきていて、出光…

続きを読むread more

年末スペシャル「今の社会はどこへ向かう」

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」のスペシャル版です。 実は、今回の話は、スペシャル版です。 本年、多くの話題で投稿してきたのですが、特に気になった話について、投稿していたのですが、前置きの話がいくつか関係しているものもあり、いろいろと有ったと言えます。 まず、海外編では、「アメリカ合衆国大統領選挙(11…

続きを読むread more

昨週の日曜日に起きた出来事

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」から、今回は、箸休め的なものですが、昨週の日曜日に起きたあの事件をお話します。 本年10月に、近鉄大阪線河内国分駅で起きた人身事故から、約1月を経てなのですが、今回とんでもない事件が起きたのです。 今回の事件は、大阪市西成区にある新今宮駅で起きたものです。 実は、2年前に…

続きを読むread more

本当に、退陣は時間の問題なのか? 韓国で起きた前代未聞のスキャンダル 続編5

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」から、「本当に、退陣は時間の問題なのか? 韓国で起きた前代未聞のスキャンダル」の第5編をお送りいたします。 では、話を始めます。実は、昨週木曜日に弾劾決議が採択されました。最大約6月の「レームダック」状態に入るわけですが、今回は、この話と関連している可能性の高い事案について、お話しま…

続きを読むread more

本当に、退陣は時間の問題なのか? 韓国で起きた前代未聞のスキャンダル 続編4

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」の記事から、「本当に、退陣は時間の問題なのか? 韓国で起きた前代未聞のスキャンダル」の続編第4弾です。 それで、本日は歴史編をお送りいたします。 朴大統領が辞任の意向を示して、大騒動となりましたが、実は大韓民国の歴史を探ってみると、悲劇の連続で、彼女自身が悲劇のヒロインといわれてい…

続きを読むread more

本当に、退陣は時間の問題なのか? 韓国で起きた前代未聞のスキャンダル 続編3

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」より、「本当に、退陣は時間の問題なのか? 韓国で起きた前代未聞のスキャンダル」の続編3回目をお届けします。 今回の話は、日本の「ロッテ」が関係しています。実は、崔順実容疑者の設立させた財団である2団体、Kスポーツ財団と文化財団の資金拠出における疑惑について、ロッテは、70億ウォンを拠…

続きを読むread more

本当に、退陣は時間の問題なのか? 韓国で起きた前代未聞のスキャンダル 続編2

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」より大韓民国大統領朴槿恵氏の知人崔容疑者に関する疑惑と退陣要求についてのお話をしていきます。 さて、大規模なデモまでに発展している形になっている大韓民国ですが、今回の話ですが、その中で、韓国検察庁は次のような発表をしております。 実は、「朴槿恵大統領が、共謀していると考えられる…

続きを読むread more

本当に、退陣は時間の問題なのか? 韓国で起きた前代未聞のスキャンダル 続編1

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」より、昨週の続編となる記事です。今回は、朴槿恵大統領の問題についてお話していきます。 大韓民国大新聞社として知られている「朝鮮日報」の記事から探るのですが、そもそも、大韓民国の最大の新聞社として知られている新聞の一つです。そのコラムでは面白いことが書かれておりました。題して、「苦言に…

続きを読むread more