"今の社会はどこへ向かう"の記事一覧

緊急増結:トランプ旋風吹き荒れる

本日の話題の2本目は…の前に、緊急ですが増結記事を出します。書庫カテゴリは「今の社会はどこへ向かう」からです。 アメリカ合衆国大統領選挙の結果が入ってきました。 今回の予想で当選確実とされていたクリントン氏を、トランプ氏が58人差で破り、共和党の政権奪還が現実味を帯びて参りました。 さらに、ここにきて、株価にも大きな影…

続きを読むread more

本当に、退陣は時間の問題なのか? 韓国で起きた前代未聞のスキャンダル

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」のお話ですが、本日は日本を飛び出し、お隣の大韓民国のお話をしていきます。 実は、大韓民国が大揺れに揺れております。朴槿恵大統領の40年来の親友による国政関与の問題が急浮上しているという話が出てきたのです。今回は、そのお話です。 大韓民国の大統領は、「皇帝と王を足したようなもの」とさ…

続きを読むread more

続編・危険は回避できるのか、視覚障害者鉄道人身事故から考える。

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」から「続編・危険は回避できるのか、視覚障害者鉄道人身事故から考える。」について、お話します。前回の記事では、近鉄の河内国分駅で起きた人身事故から、危険回避に関しての現状をお話しました。 今回は、それに関して対策について、お話をしていきます。 実際に、優等列車を走らせている現…

続きを読むread more

危険は回避できるのか、視覚障害者鉄道人身事故から考える。

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」から「危険は回避できるのか、視覚障害者鉄道人身事故から考える」でお話していきます。 昨週16日日曜日の午前11時9分、大阪上本町駅午前10時50分発の伊勢中川方面、鳥羽駅行きの特急が柏原市の河内国分駅を通過中に、一人の男性をひいてしまう事故が起きてしまいました。 ここのところ、視覚…

続きを読むread more

近鉄花園駅車掌転落トラブルから見る日本社会 下編

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」から「近鉄花園駅車掌転落トラブルから見る日本社会」の後編をお届けします。 さて、今までの続きですが、日本各地で起きているのかといいますと、実は、12年前の平成16年からの調査で、駅員に対する暴行が急増し、年間200件を超えています。実は、駅員に対しての暴行発生状況が、多い順に、「理由…

続きを読むread more

近鉄花園駅車掌転落トラブルから見る日本社会 中編

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」から「近鉄花園駅車掌転落トラブルから見る日本社会」の中編をお届けします。 さて、近鉄東花園駅のお話の中編になります。前回のお話ですが、状況についてお話しました。実は、今回の事件を別の角度から見てみます。 起きた翌日のワイドショーでは、朝日放送がさっそくここで、取り上げられており…

続きを読むread more

近鉄東花園駅車掌転落トラブルから見る日本社会 上編

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう?」より、「近鉄東花園駅車掌転落トラブルから見る日本社会」というタイトルで、上中下編に分けて記事を書いてまいります。 今回、トラブルが起きた場所というのは、大阪府東大阪市の東花園駅です。以前「∟車両部(新近畿車両)」の記事の前置きで紹介したのですが、実はこの駅は、2面2…

続きを読むread more

何のために、地下ができのか?

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」より、「何のために、地下ができたのか?」というタイトルで、東京で今騒動を巻き起こしている「豊洲市場問題」を取り上げます。 ことの発端は、2週間以上も前の8月末にまでさかのぼります。8年前に開かれた当時から、「専門家会議」で提案された「盛り土」工事が施工されていないことが明らかになった…

続きを読むread more

本当に寛容な社会はどこへ? 下

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」より、「本当に寛容な社会はどこへ?」の下編をお話します。 今回下編では、なぜ炎上したのかの根本に迫ります。それがどういうことなのかを、考えてみるとそれは、日本の社会が「貧困の人たちは当たり前のことができなくても仕方ない、と思う社会」という状態にあると、中編でご紹介した山野さんは指摘し…

続きを読むread more

本当に寛容な社会はどこへ? 中

本日の話題の2本目は、「今の社会はどこへ向かう」より、NHKが取り上げた貧困問題報道への批判に関してのお話の中編をお届けします。 実は、今回のことで気になったのは、なぜ、NHKが貧困に関する番組を取り上げたのかについてです。 それについて、BuzzFeed Japan社が配信した記事では、 「相対的貧困」に苦しむ子ども…

続きを読むread more