鉄タビ第18回 4日間秋田にいました。その3

本日の話題は、続編で「鉄タビ」です。この回も3回目に突入しました。
 
本日は、秋田に到着してからの話です。さて、寝台特急「日本海」にゆられて鶴岡駅まで、就寝していた私ですが、そろそろ、睡眠時間を十分取ったと言う事で、目が覚めてしまいました。その場所が、鶴岡駅の手前に当たる温海温泉(山形県)付近でした。時刻は午前2時か午前3時ごろ、そのまま荷造りを開始し、羽後本荘駅に午前4時55分に到着。
イメージ 1
羽後本荘駅で下車しました。
ちなみに昼間は、こんな駅です。
イメージ 2
この駅で、1時間と5分ほど待合室で、休憩したのですが、携帯電話の電池が消耗していた事が発覚し、携帯電話の電源を切ってしのぐ事になりました。
 
そして、祖父の家に、そこで今回の出来事の報告と、必要な書類について事細かく話し、タクシーで由利本荘市の市役所に向かいました。この市役所は、元々は本荘市の市役所として使われており、由利本荘市に変わってからも、市役所として使われている建物で、実際にお城の傍に建てられております。
イメージ 3
その書類を、持ってくるのに5分しかかかりませんので、そのあとは、祖父の通う銀行に寄り、そして、家に戻りました。
3年ほど前に亡くなった祖母に帰って来たと報告をした後に、父方の祖父母(祖父は一昨年になくなりました)に会いに行くために、由利交通のバスに乗り込みました。午前10時35分に羽後本荘駅を出る由利本荘市矢島町方面行きのバスです。
イメージ 4
(申しわけございませんが、該当する車両の撮影をしていなかったために、この画像でよろしくお願いします。)
約20分をかけて、前郷に到着しました。
 
そこからは、続編でその4に回します。

"鉄タビ第18回 4日間秋田にいました。その3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント