伊勢初詣旅「続・伊勢賑わい旅」06

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「続・伊勢賑わい旅」の第6回です。

さて、1月1日の二見が浦駅から乗る列車は、いったい何者なのか、
DSC00087.JPG
その姿を現したのが、この車両です。
DSC00089.JPG
25系気動車の鳥羽駅行です。この車両は、JR東海の通勤電車313系と同じデザインで、正面の方向幕と種別幕が一体化されているのが、313系との相違点です。この2両編成の車両に揺られて、鳥羽駅に向かいます。
DSC00090.JPG
室内の案内表示は、3色LEDを採用しております。このLEDは現在、LCDと呼ばれる案内モニターが搭載されているものもあります。まあ、ローカル線なら、この装置は必須みたいですね。
DSC00091.JPG
こちらは、ワンマン運転の料金表です。ちなみに二見が浦駅から鳥羽駅までは210円です。しかし、亀山駅から乗った場合は二見が浦駅まで1140円、それよりも高い金額は、新宮駅の3020円…。路線維持というは、こんなに大変なものというのがよくわかります。
DSC00092.JPG
私が乗った車両は、25系1000番台、おそらく1503ということは、亀山駅側が1003となっている編成ということになります。ちなみに、マス枠の札受けがあるのですが、指定席連結列車が該当する可能性があります。となると、快速「みえ」が考えられるのでしょうか。ただ、「みえ」の運用に入る可能性があることは考えられます。
DSC00093.JPGDSC00094.JPG
ローカル線にはありそうな装備、料金箱と、手動開閉装置くらいでしょうか。そして、鳥羽駅から引き返して、どこに向かうのかといいますと、
DSC00098.JPG
今から向かう行先は、松阪駅です。この松阪駅に行くには、一旦鳥羽駅に出ててから、宇治山田駅を経由して松阪駅に戻る列車に乗り込むことになるわけですが、実は通しで走る列車は、座席特急を除くと、意外に少なく、一旦宇治山田駅で名古屋駅行急行か、大阪上本町駅行急行に乗り込む必要があるわけです。そのため、鳥羽駅と宇治山田駅は伊勢中川駅行普通に乗車して我慢します。
DSC00095.JPG
さて、鳥羽駅から乗車した車両は、1230系1240編成に乗車、途中に停車する駅は、池の浦、五十鈴川、宇治山田という順番です。
DSC00096.JPG
さっそく、撮影したのが、23000系だし巻き卵編成ですが。行先は賢島駅行か、鳥羽駅だと思います。ところが、この後、五十鈴川駅でも…。
DSC00099.JPG
なんと、23000系伊勢海老編成が五十鈴川駅に到着。二つの編成ともサロン車が、京都・大阪側にいるので、名古屋駅先発ではないといえます。さて、そろそろ、乗換駅となる宇治山田駅に到着するのですが、
DSC00100.JPG
ここから、松阪駅に行くには、宇治山田駅に到着する五十鈴川駅始発となる名古屋駅行急行があり、それに乗り込むことになります。
DSC00102.JPG
で、待ち時間は…。
DSC00101.JPG
…なんと、そのうちに大阪難波駅行特急(乙特急)で、名古屋駅行急行の表示は…。まさか、ということですね。
DSC00103.JPG
DSC00104.JPG
と、今度は、名古屋駅先発の賢島駅行特急「しまかぜ」が入線。実は、この後、2連続で「しまかぜ」を見ることになります。京都駅始発と、大阪難波駅始発があるのですが…。
DSC00105.JPG
DSC00106.JPGそして、1200系1205編成の賢島駅行普通が入線したのですが、やはりローカル線ですね。DSC00107.JPG登場したのは、30000系の大阪難波駅行特急(乙特急)が、到着したのですがこれも松阪駅にも停まるのですが、これには特急券が必要となりましたが、
DSC00108.JPGなんとトップナンバーが、編成を担当しておりました。以前、Facebookの某クラブでも話題となっていた「トプナンの呪い」というのでしょうかw。
DSC00109.JPG
で、その後ろに連結されていたのは、12410系サニーカーの12415編成以外の車両編成です。これは、幕装置がLEDと赤幕の違いです。そして、その横から…。
DSC00110.JPGDSC00111.JPG
22600系2265X編成の回送列車が到着。明星駅からやってきた車両です。
DSC00112.JPGこの後に来たのは、名古屋駅行特急(乙特急)ですので、急行ではありません。実は、
DSC00113.JPG
この編成が、12415編成で、後ろに引っ付いていた編成が…。
DSC00114.JPGなんと、12600系12601編成です。つまり赤幕同志の連結となる列車です。
DSC00115.JPG
それを、見送ってから…。表示板を見てみました。
DSC00117.JPG
11時58分発の名古屋駅行急行が入線するようです。
DSC00116.JPG
その前に、5820系5751編成の五十鈴川駅行急行が到着したのですが、LED幕がシャッター型で、ところどころ切れてしまっているのが、傷ですね(-_-;)。そのあとを追って、
DSC00118.JPG
大阪方面からやってきた賢島駅行特急(乙特急)が進入してきました。
DSC00119.JPG
そしてやってきたのが名古屋駅行急行ですが、やってきたのは、9000系9006編成と2610系か、2800系L/Cカーが連結されております。

ということで、次回は、宇治山田駅から松阪駅に向かいます。松阪であの駅弁社長とお会いします。

<<<PREVIEW 05                             NEXT 07>>>

"伊勢初詣旅「続・伊勢賑わい旅」06" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント