伊勢初詣旅「続・伊勢賑わい旅」 07

本日の話題の2本目は、「鉄タビ(臨時便)」から「続・伊勢賑わい旅」の記事です。
DSC00119.JPG
さて、私と父は、宇治山田駅で五十鈴川駅から出てきた名古屋駅行急行に、乗り込みました。
乗った車両は、9000系9006編成です。
DSC00120.JPG
この車両は、奈良線で活躍していた車両で、この車両が名古屋線に転属したのは、平成12年以降の9020系の玉突きによる入線によってです。
さっそく、撮影を開始するのですが、
DSC00121.JPG
トップバッターが、何と京都駅始発の賢島駅行特急(甲特急)「しまかぜ」でした。この後、3往復目は…もうお分かりですね。
DSC00122.JPG
続いてやってきたのは、12200系スナックカーの名古屋駅始発の宇治山田駅行特急(乙特急)です。4両単体で活躍しておりますね。
DSC00123.JPG
続いては、1200系1209編成の賢島駅行普通が停車中。そして、
DSC00124.JPG
続いても、名古屋駅始発の賢島駅行特急(乙特急)ですが、12200系と22000系の6両編成で運転されております。そして、「東の旅」(原題:「伊勢参宮神乃賑」)でも出てくる明星です。ここは、伊勢方面の車両基地となっている部分があります。
DSC00125.JPG
昨年の旅でも見たのですが、この駅は伊勢方面の近鉄の車両基地として知られております。所属している車両の中には、
イメージ 2
「かぎろひ」の15400系でありますが、ほかにも15200系も所属しております。
DSC00126.JPG
続いては、22600系が引き上げ線で停車中、それをしり目に松阪駅に向かっていきます。
DSC00127.JPG
そして、大阪難波駅始発の賢島駅行特急(甲特急)「しまかぜ」と出会いました。これで、「しまかぜ」の全編成を見たことになります。
DSC00128.JPG
そして、1430系1437編成の賢島駅行普通とすれ違います。実は、この路線は意外と新しく昭和6(1931)年に全通しており、高速路線として設計されていました。そんな中で、松阪駅に到着。
DSC00129.JPG
どんな編成が来ていたのか、撮影を忘れてしまいましたが、松阪駅に到着しました。なんと「あらたけ」の店舗が、改装されていて、装い新たに、この場所に戻ってきたようです。
DSC00130.JPG
というわけで、松阪市の城址を目指します。ということで、次回の「続・伊勢賑わい旅」は、松阪城からの景色と、松阪駅での撮影した画像をお届けします。それでは。

<<<PREVIEW 06                                                                                 NEXT 08>>>

"伊勢初詣旅「続・伊勢賑わい旅」 07" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント